世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【11/13(土)】CFFマレーシア応援団プロジェクト発表!「Panasonic NPOサポート 課題解決プロジェクト2010」成果報告会

活動うごき

2010年10月28日

みなさま

パナソニック株式会社、(特活)NPOサポートセンターからご支援をいただき、6月よりCFFジャパンが取り組んでいる「CFFマレーシア応援団"Thank you!"プロジェクト」の、進捗発表を行ないます!

CFFマレーシアのビジョンやこれからの取り組み、CFFジャパンとしてどうやってみんなでサポートするのか、ぜひ聴きに来てください!

20100807houkokukai.jpg
他のNGO5団体が、"組織の課題解決"として同様に進めるプロジェクトの発表も知ることができてきっと刺激的な発表会になると思います。

以下、詳細とお申込み方法です。


【転送歓迎】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      「Panasonic NPOサポート 課題解決プロジェクト2010」
        NPOマーケティング研修 成果報告会
    主催:(特活)NPOサポートセンター 共催:パナソニック株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
詳細:http://blog.canpan.info/nposc/archive/262#BlogEntryExtend

◆日 時:2010年11月13日(土) 13:00〜17:00
◆会 場:パナソニックセンター東京 1階ホール
      【地図】http://panasonic.co.jp/center/tokyo/access/index.html
◆参加費:無料
◆対 象:
   ・活動のさらなる発展のため、組織の課題解決に本気で取り組みたいと
    思っているNPOの方
   ・新しい人材育成に興味がある方
   ・自分の力をNPOに活かしたいと思っている方
   ・参加NPOの課題解決の取り組み内容に興味が有る方  など


「Panasonic NPOサポート 課題解決プロジェクト2010」は、NPOの組織基盤強化手法の
1つとして、企業で実践されているマーケティングのノウハウをNPO向けにアレンジして
運営されているプログラムです。サービス・寄付金・支援者の拡大、ボランティアの
募集など、団体内の課題の分析から、ターゲットの設定、具体的な課題解決プラン
の策定を踏まえ、実際にそのプランを実施するという、実践的な内容となっています。

今年度は、2010年5月〜10月の半年間にわたり研修が行なわれ、分野・規模も異なる
6団体のスタッフが参加しました。

本報告会では、2部構成で行います。
第1部:基調講演として、研修で行った内容について、昨年度に実施したプランの事例
報告を交えながら、組織の課題解決にマーケティングを生かすために必要なポイント
を押さえます。
第2部:今年度の事例報告として、マーケティングプランの策定に至るまでの課題分析、
ターゲット設定等のプロセスに加え、実施したプランの効果についてもふり返りを行な
います。
日々の業務を見直すことで、団体内の限られたリソースをこれまで以上に有効活用し、
質の高いアウトプットを出したいと考えているNPOの方は、是非ご参加ください。

尚、当日は、参加者の方々と発表団体を交えての「懇親会」も予定しております。ご多
用中、誠に恐縮ではございますが、是非ともご来場いただきますようお願い申し上げます。

※NPOサポートセンターは、2000年から人材育成事業の一環として、NPOの組織基盤
  強化事業に取り組んでいます(2003年からは、パナソニック株式会社が協賛)。

詳細:http://blog.canpan.info/nposc/archive/262#BlogEntryExtend

●タイムスケジュール
  12:30 開場
  13:00 事業概要説明
  13:15 第1部:基調講演
          「NPOの企画・実行力をアップさせるマーケティング
           ----昨年実施した課題解決プランのPDCAから学ぶ」
          講師:長浜洋二 氏
              NPOサポートセンターアドバイザー/公共経営学修士(MPA)
              参考)長浜氏ブログ「飛耳長目:アメリカにみるNPO戦略のヒント」
                  http://blog.canpan.info/hijichomoku/
          事例報告:フレンドシップキャンプ http://www.npo-fc.or.jp/
                 『「体験」と「納得」による 新規参加者の拡大』


  14:10 第2部:団体発表(6団体)各団体発表15分・会場からの質疑応答10分
          (五十音順。発表順番は決まり次第ご連絡いたします)

     1.エイズ孤児支援NGO・PLAS
      『個人寄付の拡大』

     2.ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)
      『CFFマレーシア事業の支援基盤の確立
       支援リソース不足の打開施策、支援者数・寄付額拡大を行うための
               推進体制づくり「CFF マレーシア応援団をつくろう!」』

     3.シャンティ国際ボランティア会(SVA)
      『「なかまをふやそう」 20代女性へのアプローチ大作戦』

     4.難民支援協会
      『支援者参加メニューの多様化 〜さらなる寄付獲得を目指して〜』

     5.藤沢市市民活動推進連絡会
      『中間支援組織における 事業化支援フレームワークの確立』

     6.夢職人
      『新規顧客(会員)獲得』


  17:00 閉会
  17:15 懇親会(希望者)


◆問合せ
  NPOサポートセンター(担当:田邊、小堀、笠原)
  TEL:03-3547-3206
  E-mail:info@npo-sc.org

◆申込方法
 下記の2つのどちらかでお申し込みください。
  1.参加申込フォーム
    下記のフォーム内の項目をご記入の上、お申し込みください。
    http://form1.fc2.com/form/?id=600272

  2.E-mail
    送信先:info@npo-sc.org
    タイトル:11月13日成果報告会参加申込
     氏名(ふりがな)、所属(役職)、TEL、FAX、E-mail、
     何の媒体で情報を知ったかをご記入の上、お申し込みください。


※NPOマーケティング研修
  NPOマーケティング研修では、民間のマーケティング実務を活用して、
  NPOの組織基盤を強化するノウハウを提供します。団体で提供している
  サービスの拡大、寄付金・会員の拡大、ボランティアの募集など、NPOの
  組織基盤整備を支援し、より効率的・効果的に組織のミッションを達成
  できるようになることを目的としています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2009年度のプロジェクト紹介ページ
 http://www.npo-sc.org/p-nposip/
 「NPOマーケティング研修」報告会発表資料(2009/11/28)
  http://www.npo-sc.org/content/modules/nposipblog/tb.php/24

○2008年度のプロジェクト紹介ページ
 http://www.npo-sc.org/p-npoicp/
 「NPO経営資源開発研修」成果発表会資料(2008/12/13)
  http://www.npo-sc.org/content/modules/nposipblog/tb.php/25

○パナソニックのNPO組織基盤強化プロジェクト紹介ページ 
 http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/
 「Panasonic NPOサポート 課題解決プロジェクト」
  http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/problem/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【事後研修も終了!】 2010年夏プログラムありがとう!(参加者の声)

キャンプ/ツアー

2010年10月25日

10/24〜25、2010年夏キャンプ/ツアーの宿泊・事後研修が終わりました。

夏に行われたCFFフィリピン・3回のワークキャンプ/1回のスタディツアー、CFFマレーシア・2回のワークキャンプ/1回スタディツアーの合同研修、130人以上のキャンプツアー参加者+ボランティアスタッフが集まりました。

うれし涙、痛みの涙、感動の涙、苦しみの涙、よろこびの涙、いろんな涙を分かち合っ
た二日間でした。もちろんそれと同じくらいの笑顔やうれしさ、安心感や平安な心に
も出会ったけれど。
こんなに真剣に涙が出るまで取り組む青年たちが、いるんです。というか、誰でも本
気で向き合えば自ずとそんな機会や想いがやってくるはず。

フィリピン、マレーシア、まったく違うところで体験をした参加者たちが話し合い、通じるものが多くあるのは、CFFの理念を実践するCFFプログラムだからだろうな。

現地で出会った「子どもの家」の子どもたち、路上で出会ったあの子、ごみ集積所で出会ったあの子、街の貧困地区や、村の青年たち、、すべての出逢いが大切な"何か"をくれました。そして、一緒にいった参加者たちとは一生の友達になるだろうと思います。


CFFジャパン、CFFフィリピン、CFFマレーシア、「子どもの家」の子どもたち、未来に「子どもの家」に入ってくる子どもたちを代表して、参加してくれたみんなに、ありがとう!!

CFFジャパンジムキョク
渡辺正幸

スクリーンショット(2010-10-25 17.58.26).jpg
以下、参加者のみんなからの声です。
(現在までに送ってくれた全員の声です。ありがとう!!)

《2010年夏開催、CFFフィリピン・ワークキャンプ参加者からの声》
◎間違いない。ここでの2週間は他よりも何倍もの価値があると思う。迷ってたら参加。(わかめ)
◎参加を迷ってる人、国際協力という名前に敷居の高さを感じないで。きっとすぐにとけこめるはず。(佐野泰次郎)
◎自分の事を見つめ直すいい機会です♪沢山感じて沢山考えてそれを皆でシェアする事で、より一層自分の考えも仲間との絆も深まる。楽しい事辛い事、 色々あったキャンプだけど、1番言いたい事は一つ!「行って本当〜によかった!!!行ったらわかる!」(ようこ)
◎自分次第ですが、得るものはたくさんあると思いますよ!(たかし)
◎間違いなく有意義な時間が流れてます。楽しいこと、辛いこと、嬉しいこと、苦しいこと、いろんな出来事がある2週間だったけど、全てが刺激的で感動的でした。きっとこのキャンプがあなたの何かを変えてくれます。(牧浦 加奈)
◎踏み出さないと始まらない!行ってみないとわからない!行ってみて気づく!大切なものに出会う!まずは一歩を踏み出そう!(かのちー)
◎フィリピンへ行って、最高の仲間と出合って、日本では知ることができないフィリピン社会の問題、戦争の経験・・・たくさんの学びがありました!!二週間、笑い、語り、泣き、笑い・・・最高の夏になりました!!行かない後悔はあるけど、行って後悔はない!!(たく)
◎少しでも興味があったら行けるうちに行きましょう!最高にアツイ2週間になります★(ゆうき)
◎あなたの世界観が変わる!!!!CFFのワークキャンプはそんなキャンプ!笑って、泣いて、学んで、考えて、話して、そして感じる。一生ものの仲間にも出会える!!少しでの興味があるのなら絶対に参加するべき!!!心の底から参加をおススメします(笑)(野田 智美)
◎絶対に絶対に絶対に参加するべきです!私も説明会に行った日に勢いでFAX送ってました!でも、絶対に後悔しません!人生が変わります!生き方が変わります!深い深い友情が築けます!最高の仲間と最高の地で新しい自分を発見してください!(やす)
◎何かをやりたい、自分を変えたい、深く関われる人間関係が欲しいなど、どんな動機でもいいと思います。僕も、日本から脱出したい、何か役に立ちたいと思って参加しました。フィリピンでの2週間は、笑って躍ってワークして、仲間と熱い時間を過ごすことができます。その中で、自分の中にはなかった考え、文化、環境など様々なことに触れることができ、新たな自分を見つけられました。この感覚は、実際に体験してみないとわからないと思います。迷ったら、1歩前に進んでみてください!(うっちぃ)
◎少しでも興味を持ったら絶対に参加してください!!!私はCFFの存在を知った日にお金など何も考えず応募しました。今の自分を変えたい、なんか今のままじゃ嫌だと思ってる人は参加して後悔することはないと思います。(のぶ)
◎一人でも多くの人に行ってほしいです!全力でワークして、全力で考えて、本気で泣いて笑って...全てが宝物です。ワークキャンプに関わったみんなが大好きです。是非行ってください!何かが変わります!絶対変わるから!!!!(かな)
◎参加して絶対自分の手で何か得ることができます!今の自分や過去の自分を見つめ返すこと、今まで以上に考えること、自分の目でみること、キャンプ中のさまざまなことが刺激を与えてくれます!いい仲間にも出会えます!何より楽しい(^O^)!参加して、CFFのいろんな人といろんなことをシェアしよう♪(あゆみ)
◎笑いあり涙あり友情あり世界交流あり熱いものあり!参加して悔いなし!保証します。(あきえ)
◎感じること、知ること、きっとそこから始まるはず。日本にいただけではできないことが絶対あるはず。(なお)
◎迷っているなら絶対に参加するべきです!!このキャンプで出逢った仲間、フィリピンで過ごした時間は私にとってかけがえのない大切な大切な宝物。動かないと何も始まらない!みんなにもぜひ参加してもらいたいです!!!(横山 和希)
◎人は目で見えないものでできていると思う。モノで溢れた日本でそれを見つけることはなかなか難しい。フィリピンはモノではなく、何かで満ち溢れています。それを、確認しにぜひ参加してみてください。(ランデル)
◎迷ってたり少しでも興味があるなら絶対行くべきだと思う☆(よしみ)
◎"幸せってなに?""愛ってなに?"考えてても答えは見つかりません。自分の足で、心で見つけてみて下さい。CFFはきっとそんなみんなをサポートしてくれます!そして絆で繋がった大切な存在ができます!幸せを祈りたい存在ができます。悩んでいるならぜひ一歩前に進んでみてください。(中出 麻衣)
◎世界を、そして自分を見つめ直す絶好のチャンスです。少しでも迷ってるなら、挑戦するべき!(かな)
◎充実した2週間で自分が変わった。迷っているなら思い切って参加してみて!(ひろゆき)
◎そこの迷ってるあなた!何があなたを迷わせてる?このキャンプに参加したらそんなモヤモヤもきっとスッキリするよ(^○^)想像もつかないキラキラしたものが得られます!!!!(めぐぐ)
◎悩むこともつらいこともたくさんあったけどそれ以上にたくさんのことを感じることができた。このキャンプは人生の糧になります!(高岡真友美)
◎人生180度変わっちゃうかも。少なくとも私はそうだった。日々、当たり前に見ていた景色が、本当に綺麗に幸せに感じられるようになりました。幸せってなんだろう。そう思ってるなら参加して。きっと何かが見えてくる。人が大好きになる。心が開放される。気持ちえーよー。(小川明日香)
◎ソクラテスがいっているように無知の知に価値がある。本気で泣いて本気で笑ってそんな仲間に出会える。奇跡みたいな家族だからずっとつながっていたい(^O^)日本にいるだけじゃわからないことに気がつける!(わかめ)
◎絶対参加するべき!ものの見方の変わり、自分の心の理解、いろんなことが見えてくると思います。(さとみ)
◎自分や家族、幸せ等、普段立ち止まって考えないことをガッツリ考えます。考えすぎてわけが分からなくなるときもあったし、答えが完璧に出たわけじゃないけど、フィリピンに行く前の自分と帰ってきた自分は変化があったし、これは自分にとって良い変化だと思います。参加してよかったと本当に思いました。(吉田 祐也)
◎日本にいたら、なんとなくすぎてしまっていたはずの日々がかけがえの無い2週間になった!!迷ってるならフィリピンに行ってみるべし。(三井あゆみ)
◎こんなに、心を動かされることになるとは思わなかった!お化粧を忘れて、お金も使わないで、ビーサンで走り回った2週間、人生で1番豊かな毎日でした。そしてたくさんの愛やHAPPYに気付いた今、日本に帰ってからもものの見方ががらっと変わりました。いま幸せを求めている、幸せを感じていないみんなにこそ絶対参加してみて欲しいです。(かほ)
◎軽く楽しくワークを体験して、いろんなフィリピンの問題をさらっとわかりやすく見学して理解を深めて、観光スポットもめぐって、あたらしい友達いっぱいつくって、帰りたい!な人へごめんなさい、CFFは悪いけどおすすめできません。ムリせず、でもとことん汗びっしょりみんなとワークして、フィリピンの生の問題に現場に直接立ち会い本気で悩み、フィリピンのひとの温かさを生活を共にする中で実感して、バカさわぎから真剣な悩み話まで共有して本気であつくトークできるような真友を見つけたい!な人へごめんなさい、こんなに、あなたにピッタリなツアー、たぶんどこにもほかにないはずです!!しない後悔より、した後悔は残らない!とはいっても、ワークキャンプ、やって後悔はゼッタイないこと、約束します!(松井 安里)
◎日本では気づきにくい、大切なものにたくさん出会えます!ことばでは伝えきれないけれど、きっとあなたの一生の宝物になるでしょう。(ほたて)
◎行こうかな〜、でもな〜、どうしようかな〜、と迷ったら、はい行きましょう。行くべきです。なぜなら私はこのワークキャンプを通して成長できたから。たくさんのことを学べたから。自分を変えることができたから。このワークキャンプでの経験は日本ではできないものばかりだったと思います。一日いちにちがそれぞれ濃くて充実していました。そしてたくさんの人との出会いも私にとってかけがえのないものです。ワークキャンプを終えた今、それを一人でも多くの人に体験してもらいたいと強く感じています。あなたも参加して、きらきらな2週間を過ごしてみませんか?(田中えり)
◎迷ってるなら参加してみて!!!!きっと日本では得られない何かが得られるはず^^自分自身と向き合うきっかけにもなるよ☆(こめ)
◎自分を見つめ、仲間を信じる。愛としあわせに包まれる2週間。行った人にしか分からない何かがそこにある。行くなら今だっ!迷ってるなら行くしかない!(木村実咲)
◎フィリピンでしか味わえない「自分」を是非!!(ちぃ)
◎フィリピンは本当に心地良いところです(気候や設備だけでなく)。行けば確実に何かが変わります。たくさんの愛を感じてきて下さい!(もゆ)
◎今の生活になにか満足できていないと少しでも思ってる人はこのキャンプに参加すれば必ず何かみえると思います!(ちかこ)
◎こんにちは。このメッセージを見ているということはワークキャンプに参加することを検討しているのでしょう。決心つきましたか?きっと不安や迷いもあるでしょう。私もそうでした。でも、それを理由にワークキャンプに参加しないのはとてももったいないことです!一生後悔します!!貧困街やゴミ山を直接訪れたことはありますか?あの空気、匂い、そこにいる人たちの温かさ。これらは実際に行かないと分からないものです。知識ばかり増えて頭でっかちになってませんか?この2週間では心と身体をフルに使って、多くのことを学び、感じます。それらはどれも学校の授業を受けているだけでは絶対得られません。楽しいこともあれば辛いこともあります。しかし、この2週間、たった2週間はあなたの人生を変えます。私の人生も変わりました。変わり方は人それぞれ。知っていれのは帰国後のあなた自身だけです。さぁ、早くしないと定員オーバーになっちゃうよ!!(田中元博)
◎ぜひぜひぜひ参加してほしい!!!たくさんの幸せと宝物を見つけられる素敵なキャンプでした。言葉じゃ伝えきれないから、行ってみるしかない!(きだっち)
◎フィリピンを危険な場所と思ってる人もいるかと思いますがCFFはしっかりしているのである程度は大丈夫です。僕自身そんな危険な目にはあいませんでしたし。ただ自分の身は自分で守らなくてはいけません、警戒心が重要です。キャンプでは今までの自分の考え方や価値観が180度変わると思います。日本はこれだけ経済的に発展し何一つ不自由がないのになぜ人々はこんなに不幸そうなのか。フィリピンの子どもはこんなに貧しいのになぜ笑顔で輝いた瞳を持っているんだろう。いろいろ考えることが出来尚且つ日本を見直す機会になると思います。参加を躊躇しているようだったら絶対行くことを推奨します。百聞は一見にしかず!!! 今の日本人は行動しなきゃだめだ。(所 明諭)
◎絶対参加するべきだと思います!どのようなキャンプにするかは自分次第だけど、行かなきゃ何もはじまらい!参加したら何か絶対変わると思います!(きさき)
◎長い人生のうちたった2週間だけど、とても大きな人生の一部になります!約束します!今しかできないことをやりたいなら迷わず参加!絶対に後悔しないから!(けいぴー)
◎迷ったら即行動(鈴木大志)
◎迷ってるなら絶対に行った方がいい!行かなきゃわからないこと感じられないことがたくさんあります。人の暖かさに感動します。たくさんの気付きがあります。新しい家族ができます。是非いってください!(石井佐代子)
◎日本と違うところはたくさんあるし、フィリピン人とコミュニケーションをとるのは大変だけど、言葉なんていらないし笑顔さえあれば乗り越えていけます!!!!言葉じゃない心で感じるものを得ることができます!!!!何かを変えたいのなら第一歩を!!!!(かな)
◎日本と違うところはたくさんあるし、フィリピン人とコミュニケーションをとるのは大変だけど、言葉なんていらないし笑顔さえあれば乗り越えていけます!!!!言葉じゃない心で感じるものを得ることができます!!!!何かを変えたいのなら第一歩を!!!!(かな)
◎「やりたいことが目の前にあるのに、どうしてやらないの?」と現地のディレクターさんに言われました。何をやるにも障害はあって当然だと思います。でも、1度きりの人生です。やってみたいという気持ちが少しでもあるなら、絶対にやってみるべきですっ!!(なかじ)
◎考えているだけじゃ、なにも始まらない。動き出す時が来たんだ、自分の足で。あなたは、何を感じるだろう?フィリピンの現状、子どもたちの笑顔、鮮やかな夕日、空いっぱいの星。あなたは、何を感じたいですか?最高の二週間。甲子園のように熱く、熱く。自分の全てを、かけがえのない仲間達とともに全力をそそいだ二週間。そしてその日々は、ボクの人生の一部になった。さあ、次はあなたの番!(たつろー)
◎参加費用や日程、日本とは違う環境に行くことに対しての不安。きっと色々な思いがあると思うけど、必ず今不安に思ってること以上に得るものがたくさんあります。迷ってるなら行動へ!!自分をもう一度見つめ直すことが出来る良い機会です^^(ようちゃん)

《2010年夏開催、CFFマレーシア・ワークキャンプ参加者からの声》
◎あなたの少しの勇気が誰かを変えるかもしれない!世界を変えるかもしれない!答えがあるかもわからない問題に、仲間と共に必死に向き合う!だからワークキャンプは、人生はおもしろい!!(めぐ)
◎自分が思っている以上に深いワークキャンプでした。ほんと、キャンプ中色々考えさせられました。今まで生きていて、一番生きがいを感じたし、自分の存在価値を知ることができて本当に良い経験になりました!もっと、誰かのために働きたいと思いました!もう、このワークキャンプの素晴らしさは行かなきゃ分からない!素晴らしい仲間たちと、大切なものを色々得られるはずです!!是非、皆さん行ってみてください!!(西野友美)
◎参加してほんまによかったです!!いこうかどうか悩んでるんやったら絶対に参加したほうがいいです!!私は今回が初海外で不安もありましたが、スタッフさんやリーダーさんががっちりサポートしてくれはり安心して参加できました!!マレーシアはご飯めっちゃ美味しいし、現地の方めっちゃ笑顔で素敵な方々やし、日本キャンパーの方々ともめっちゃ仲良くなれました!!!なにより世界がひろがります!!(はっし〜)
◎マレーシア最高!!笑(だいすけ)
◎CFFに出逢って本当に良かった!迷っているなら参加してみてください。素敵な出逢いがたくさん待ってるはずです★(さくら)
◎私は、直感で参加しました参加して正解でした直感は当たるのだと改めて実感しました(さあや)
◎迷ってるなら行ってみよう!一生の思い出になること間違い無し☆大冒険はすぐそこにあるよ!(塩沢恵実)
◎自分のことそれから子どもたちのこと、グループのみんなのこと、常にいろんな角度から考えることができるキャンプでした!!さらにワークだけじゃなくてグループのみんなと過ごした12日間は長いけどあっという間でいつの間にか何らかの成長をしてるはずです!!もう行くしかない!!と思う!!(みき)
◎もう一度参加できるなら迷わず参加します!(上村純恵)
◎今まで自分が考えてなかった世界を知れるし、自己発見になると思うよ。一生忘れない経験になります。勇気を出してトライ。(宮治翔平)
◎ありのままの自分に戻れる体験ができます!(BOSS)
◎たったの二週間の中に大学に2年間行っても学べなかったことが信じられないほどたくさんありました。いまでも、あの二週間で得られたものがどれだけのものだったのかを言葉で説明するのがすごく難しくて、うまく人に伝えられないけど私という人間の一部分を永遠に変えるような経験だったと思う。本当に行って良かったです。(角田 真須美)
◎迷ってるなら絶対参加した方がいいです♪(まりか)
◎迷ってたら行くべき。実際マイナスになったことはなかったです。きっかけをつかみたいならいい機会だと思います。(HI)
◎自分を変えたい、何かに本気になりたい、そんな人はぜひ参加してほしい!素敵な仲間とかけがえのない日々が待ってます☆(岩永若子)
◎一度やってみたらいいと思います。よかったよー!とかは言えないです。それは自分でよかったものにするしかないからです。(武井誓子)
◎cffは自分自身と向き合える素敵な場所です!自分の可能性も、はばも、こころも、からだも広がる!おっきくなれる!感じることいっぱい!みつかるものもいっぱい!踏み出す勇気、出しちゃえ!その勇気が未来の子どものため、新しく出会う仲間のため、自分のために繋がるよ。きっと、うん。大丈夫。とりあえず、行っちゃえ!(笠原 枝理)
◎このキャンプの意味や良さは参加しないとわからない(∀)!!迷っているのなら、一歩前に踏み出して見てくださいヽ´ω'ノ(ツカ)
◎行って損はなかった!日本では出来ない体験がたくさんあなたを待ってます迷っている人は行くべき(ゆい)
◎旅行では経験できない「世界」を見ておくべきだと思いました。(けんじ)
◎考えが変わります。(なつみ)
◎みんな言うだろうけど、参加したら世界観変わると思う。本当に得るものは大きい。オススメです。(せーら)
◎絶対に最高の仲間に出会えるよ!!一歩踏み出して、過去の自分を越えよう!(ひとえ)
◎一生忘れられない2週間になるよ!(みゆき)
◎行きたいと思ったら心のままに動こう!未来をどうするかもぜんぶ自分次第。うちは大好きなマレーシアで大切な仲間・スタッフと過ごしたことが本当に幸せ!!!(さき)
◎2週間でいろんな体験ができます。いろんなことも考えられます。楽しいこともあるし、つらいこともあるけれど、それらを実際に自分で体験する、ということが大切だと思います。(マリナ)

《2010年夏開催、CFFフィリピン・スタディツアー参加者からの声》
◎幸せを探す旅。愛で溢れた毎日だった。(まっつん)
◎迷っているならぜひ参加するべき!!参加して本当に良かったと思っています☆参加しない方が絶対に後悔します!!!(おかっぴ)
◎今しかできないこと。少しでも現地の人たちと触れ合ってみたいと思っている人!参加してみて間違いはありません☆参加して、何か自分なりに気づくことは沢山あるはず。フィリピンの地を感じましょう☆(みお)
◎フィリピンの人たちは心が温かくて、たくさんの笑顔に出会えます!かけがえのないスタツアの仲間にも囲まれて、いっぱい泣いて笑う素敵な旅になること間違いなし☆「参加してよかった!」って絶対思えるよ(^^)♪(はる)
◎行って分かったことがたくさんありすぎる!つらいこともあったし、たくさん悩んだけど、行ってよかった!って絶対思う。思いを行動にする第一歩。(しげ)
◎スタディツアーに少しでも興味があったら参加してみるといいと思います!絶対に得るものはあるし日本にいたら感じることのできない感動がたくさんあります。私はすごく濃い時間が過ごせて一生忘れることのない思い出になりました。(ちほ)
◎知識はみんな平等に得ることはできる。でも体験することは自分にしかできないこと!目の前のもの、自分の心にたくさん向き合う9日間!いってみたら何かが変わる!(鈴木沙彩)
◎もし迷ってるなら絶対に行くべき!たった9日間でも日本での9日間とは濃さが違う(`・ω・')(しほ)
◎CFFスタディーツアーは、本当行って良かったって誰もが思える!!色んな所に見学に行くけど、普段見れない物だったり一期一会の出会いだったり、本当に貴重な経験ばかりです。同じ時を過ごす仲間は、自分を変えたい、自分の目標を探したい、ボランティアをしたい...色んな思い抱いて集まるメンバーだから、とても刺激し合える一生涯の宝物だよ^^☆(さき)

《2010年夏開催、CFFマレーシア・スタディツアー参加者からの声》
◎忘れられない9日間になる!行ってみないと感じられない価値のあるものがきっと見つかる!!ぜひ一歩踏み出してみてください!(すずか)
◎まさに「百聞は一見にしかず」自分の身をもってでしか感じることのできないことがそこにあります。このCFFに出会ったのがあなたの運命だと私は思います。(タイキ)
◎すべての経験が自分の糧としていきていくと思います。絶対に日本にいては見れないもの、知れないことがマレーシアに詰まっています。ひとまわりもふたまわりも成長できると思います。たくさんの人に子どもの家に行ってほしいです!!(ばたこ)
◎9日間で自分が変わっていきました。日本に帰ってくると、見慣れた身の回りの見え方も変わっていました。日常生活が輝くようになります!(あみ)
◎何かしたいけど、自分が何がしたいか、何ができるか分からない、と思っている人。CFFのスタツアは自分と正面から向き合う絶好のチャンスです!迷っているなら絶対に参加するべき!!!!マレーシアでは、日本で絶対経験できない最高の時間が過ごせます!(西岡香織)
◎少しでも迷っているなら参加したほうがいいです。座学ではわからないことに気づき、吸収することができます。絶対後悔はしません!!むしろ参加してください!!!(ぴくみん)
◎本やインターネットで知るのと、実際に自分の目で見るのとは全然違うなとおもいました(あすか)
◎目標があるに越したことはないですが、一番大事なのは、世界が抱える問題に対する意識、心だと思います。ここはそれを学び合える場所なので、ぜひ抵抗を捨てて心をさらしてみてください。(粕谷 成正)
◎私は大学生のうちにできること、大学生だからこそできることをしたいと思い、CFFマレーシアスタディーツアーに参加しました。世界の実情(教育の実情、環境破壊の実情etc)を目で見て、知って、感じて、学んだことで、様々な物事をグローバルな視点で見ることができるきっかけとなりました。世界には教育を受けたくてもその機会を与えられない人々がいます。不法な移民として社会から身を隠すように生活している人々がいます。日本にいては分からない、感じることのできない体験を是非してみてください!(けん)
◎私は今までにも海外へ行ったことがありましたが、スタツアはこれまでのものとは全く違いました。普通の観光旅行では感じられないことばかりで、お金には変えられない貴重な経験です。実際に訪れなければわからなかったであろうことがたくさんありました。現地で出会った人たちやツアーメンバーの考えを聞いて、自分自身の考え方が変わりました。参加申し込みまでにいろいろ悩むかもしれないけれど、まず申し込んでしまえばなんとかなります(o^-')b!自分の中には無かった大切な何かを必ず見つけられると思います(*^-^*)(えとぅー)



ついに決定!2011年春 キャンプ/ツアー日程!!

キャンプ/ツアー

2010年10月20日


2011年の春(2月〜4月)に開催する各キャンプやツアーの開催概要が決まりました!!

いよいよ★ また何か新しいいろいろがはじまりそうな予感。

詳細は各プログラムのページをご覧ください。
もっと詳しい資料も、無料でお送りします!!(こちら



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
CFFフィリピン・ワークキャンプ
◎とき
第70回 2011年2月6日(日)~2月19日(土)14日間
第71回 2011年2月22日(火)~3月7日(月)14日間
第72回 2011年3月11日(金)~3月24日(木)14日間
◎ところ
フィリピン共和国パンガシナン州スワル町バキワン村及び「子どもの家」施設内  
(72回キャンプはスアル町市内の先住民族の村"バイト村"が拠点。)
◎内容
・ 現地人参加者たちと寝食をともにしながらワークを行います。平和とは何か、幸せとは何か、などディスカッションや「子どもの家」周辺地域のミニ・スタディ ツアーも行い、フィリピンの青年たちと異なる視点・価値観を学び合います。「あたま・からだ・こころフル・ワーク」のワークキャンプ、思いっきり楽しんで ください。
・70回・71回キャンプは、フィリピンの子どもたちが暮らす児童養護施設「子どもの家」の関連施設の建設を行います。
・72回キャンプは、先住民族の村で、地域に必要な設備の建設を行います。
◎参加費:89,000円(航空券代など含まず)
◎参加条件:15歳以上
◎定員:20名程度(先着順)
◎資料請求・お問い合わせ :CFF日本事務局  http://www.cffjapan.org/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
CFFフィリピン・スタディツアー
◎とき 第21回 2011年3月2日(水) ~ 3月10日(木)9日間
◎ところ
フィリピン共和国 ルソン島中北部地域
マニラ及びパンガシナン州ダグーパン市、スアル「子どもの家」など
◎内容
フィ リピンでの学びの旅。CFFの「子どもの家」訪問に加え、他の養護施設や先住民族のコミュニティも訪問する予定。 また、ごみの中から使える資材を拾い 売って生計 を立てている"スカベンジャー"の人々と話をしたり、フィリピン人の戦争体験者から 話を聞き平和について考えるピースセミナーを行ったりなど、プログラムを通してフィリピンと日本の過去や現在の関係、そして未来について体験と理解を深め ます。
◎参加費:89,000円(航空券代など含まず)
◎参加条件:15歳以上
◎定員:15名程度(先着順)
◎資料請求・お問い合わせ :CFF日本事務局  http://www.cffjapan.org/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
CFFフィリピン・ハッピーキャンプ
◎とき
第7回 2011年3月26日(土)~4月3日(日)9日間
◎ところ
フィリピン共和国 ルソン島中北部地域
マニラ及びパンガシナン州、スアル「子どもの家」など
◎内容
CFFの「子どもの家」およびその周辺に住む子どもたちも仲間としてキャンプに参加し、本当の"ハッピー(幸せ)"とは何かを探しつつ、子どもたちと一緒にその幸せを創っていきます。みんなでアイデアを出し合い、たくさんの遊びをしよう!
◎参加費:74,000円(航空券代など含まず)
◎参加条件:15歳以上
◎定員:15名程度(先着順)
◎資料請求・お問い合わせ :CFF日本事務局  http://www.cffjapan.org/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

CFFマレーシア・ワークキャンプ
◎とき
第13回 2011年3月9日(水)~3月20日(日)12日間
第14回 2011年3月23日(水)~4月3日(日)12日間
◎ところ
マレーシア共和国サバ州パパール及びその周辺
◎内 容
「子 どもの家」建設予定地で、建設のための作業を行います。また、福祉とは何か、 平和とは何かなどディスカッションや、他施設への訪問や社会問題の現状視察など、ミニ・スタディツアーも行います。これから創っていくCFFマレーシアの 「子どもの家」。あなたもこの"はじまり"に関わりませんか?
◎参加費:89,000円(航空券代など含まず)
◎参加条件:15歳以上
◎定員:20名程度(先着順)
◎資料請求・お問い合わせ :CFF日本事務局  http://www.cffjapan.org/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
CFFマレーシア・スタディツアー
◎とき
第6回 2011年2月23日(水)~3月3日(木)9日間
◎ところ
マレーシア・サバ州及び、その周辺(ボルネオ島内)
◎内容
環境、貧困、福祉、開発、民族、宗教・・。マレーシアのボルネオ島を舞台に、平和 についてさまざまな視点から考えるツアー。訪問、交流、話合いを繰り返し、参加者どうしで充実した9日間を創ります
◎参加条件:15歳以上
◎定員:15名程度(先着順)
◎参加費:89,000円(航空券代など含まず)
◎資料請求・お問い合わせ :CFF日本事務局  http://www.cffjapan.org/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人 
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614 
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_______________________________


【報告】 10/16〜17 よこはま国際フェスタ、出展終了しました!

活動うごき

2010年10月18日

よこはま国際フェスタ2010の出展が終わりました。
CFFからは、チームフィとフェアトレードチームが、食販(フィリピンのおしるこ:ビロビロ)と物販(フェアトレードグッズ)の、2ブースを出展しました。

秋晴れで太陽がさんさんとふりそそぐ中、熱い「フィリピンおしるこ、おいしいですよ~」っていう、、、苦笑、苦労のお客さんへの呼び込み声も、すがすがしいものでした。
タピオカ、ココナツミルクの、おしるこ=ビロビロはそれでもとてもおいしかった。

10yokohama_fes2.jpg

結果、チームフィはビロビロを2日間で合計280食ほど売り上げ、フェアトレードチームも、たくさんの商品を提供することができました!( ´ ▽ ` )ノ!!

お手伝いくださったスタッフさんには、今年の夏に参加したばかりのキャンパー、スタラーがたくさん駆けつけてくれて、CFFの魅力をたくさん伝えて、声を出してお手伝いをしてくれました。
資料請求をしてくれた来場者の方もいました(^^)

こうやってどんどんどんどんCFFの輪がつながっていく。
それが目に見えて分かるこういうイベントは本当に素敵だと改めて思いました。

私自身、はじめてCFFを知ったきっかけが、3年前のグローバルフェスタ。
そこで直感で一切の迷いもなくキャンプ参加を決め、すぐに申し込みました。
それ以来、スタッフとして毎年参加しています。

つながりってそう簡単に築けるものではないですよね。
未来の基盤を築く。CFFらしさが一番よく分かるのはこういうイベントなのかなぁとつくづく感じてほっこりしています*

担当として至らない点も多々ありましたが、無事に2日間を終える事ができました。

ありがとうございました!

チームフィ
よこはま国際フェスタ2010出展担当:
かつまたなつき(かつ)


─────────────────────────
(特活)CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────




【お知らせ】出展します! 横浜・埼玉・常総イベント

活動うごき

2010年10月 4日

この秋、CFFジャパンは、イベント出展、続々!!
各イベントとも、お手伝いさんボランティア、大募集中です!!
手伝ってくれる方は、 info@cffjapan.org (渡辺)まで。

【1】横浜国際フェスタ2010
 ◎日時:10月16日 (土)、17日(日) 各10:30~17:30
 ◎場所:象の鼻パーク
 ◎CFFブース(予定):フィリピンデザート「ビロビロ」販売、フェアトレードグッズ販売、展示
 ◎詳細:  http://yokohama-c-plat.org/festa2010.html


【2】さいたま国際フェア
 ◎日時:10月23日(土)10:00~17:00  /  24日(日)10:00~16:00
 ◎場所:さいたま新都心けやきひろば
 ◎CFFブース(予定):フィリピンデザート「ビロビロ」販売、フェアトレードグッズ販売、展示  
 ◎詳細:  http://www.sia1.jp/jigyo/suisin.htm


【3】常総ワールドフェスタ2010
 ◎日時:10月24日(日)10:00~16:00
 ◎場所:常総市役所構内
 ◎CFFブース(予定):フィリピンデザート「ビロビロ」販売、フェアトレードグッズ販売、展示
 ◎詳細: http://josoworldfesta.seesaa.net/article/159234356.html



─────────────────────────
(特活)CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────



Searching...

【報告】10/2土〜3日 出展しました! グローバルフェスタJAPAN2010

イベント情報

2010年10月 4日

10/2(土)〜10/3(日)日比谷公園(東京)で行われた「グローバルフェスタJAPAN2010」への出展が終了しました。

今回のフェスタは、CFFのチームフィ+フェアトレードチームが担当。
たくさんの来場者や、またたくさんのCFFメンバーもブース出展に手伝い+遊びに来てくれました。

用意したチラシ500枚×数種は閉会前にしてすべて配布終了。
フィリピンやマレーシアなどからのフェアトレード商品の販売は、3万円を越える売上がありました。
手伝ってくれたボランティアさんは、2日で30人を越えるのかな。。
それ以上に、さまざまな人の出会いと再会、交流の機会になり、また新しいチャンスが創れたことは間違いないです。

協力してくださった方々、本当にありがとうございました。
また、グローバルフェスタ2010を主催された関係者の方々にも、心より御礼申し上げます。

さて、次は・・、
*横浜国際フェスタ@象の鼻パーク*10月16日 (土)、17日(日)
*さいたま国際フェア@大宮*10月23日(土) 、24日(日)
*常総ワールドフェスタ@茨城常総市*10月24日(日)

また、楽しみつつ、がんばろう!!

101003glofeCFF.jpg



---------------------------------------------
私たちNPO法人CFFジャパンは、10/2(土)〜10/3(日)日比谷公園(東京)で行われる「グローバルフェスタJAPAN2010」に出展します!

もう、10年くらい連続して出展になるかな。。

今回は残念ながら、抽選で漏れてしまい食販ブースはなしとなってしまいましたが、フィリピンの農村のお母さんたちがつくったオリジナルバッグや衣料品(CFFでのみ入手可能です!)を、フェアトレードとして提供しています!!

ぜひみなさん、いらしてくださいね。

CFFジャパンのブース番号は「T47」です!!(会場内地図、こちら

詳しくは、グローバルフェスタのホームページ http://www.gfjapan.com/ をご覧下さいね。


─────────────────────────
(特活)CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────





Searching...

【チーム活動】 CFF北海道からの贈りもの

活動うごき

2010年10月 4日

マレーシア安部です。
 
チーム北海道のみなさんによる学祭での収益金の寄付を事務局→リーダーを通して
3万円を確かに受け取りました。
 
この寄付金を指定寄付通り、警備室建築に充てました。
緊急課題であったこの警備室づくり、チーム北海道がみなさんで力を合わせてくれたこと、また石塚くん(てっちゃん)が代表でこの寄付金を東京事務局まで持ってきてくれた事、本当にありがたくうれしく思います。
また、予算が豊富でないこともあり、CFFらしくできるかぎりあるものを駆使して作りましたが、それでも、ブロックやセメント、電気配線、角材など購入が必要なものも、多くありました。以下が警備室にかかった概算費用です。
このうち5)~10)の不足部分をCFF北海道の寄付金から充てさせていただきました。(総建築資材費用7万円のうち3万円)
特に、スポットライトは、バンブーハウス側と川の方角に2か所設置し、真夜中でも広範囲を照らしているので、セキュリティ安心感が断然高まりました。

今はヘンリーと奥さん、長男レイン(6カ月)が近所の間借り部屋からここに引っ越してきて家族で暮らしています。そのため急きょ台所やトイレ、汚水層設備を追加しました。
なにしろこの警備室は3カ月ほどかけて、ほとんどヘンリーが自力で作りました。
彼の愛情と力がこもっています。

CFFm_security_house.jpg
1)セメント20袋           10000円
2)ブロック700個         12000円
3)トイレ、汚水層、パイプ 12000円
4))BRCなど部品等     6000円
5)トタン屋根15枚     6000円
6)角材               4000円
7)電気配線設備      12000円(
8)スポットライト設備      8000円
9)ドア、台所        6000円
10)水道パイプ、設備     4000円
 


以上の報告を通してCFFマレーシアより改めてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
 
CFFジャパン代表理事/CFFマレーシア代表  安部 光彦


----------------------------------------------------
 CFFジャパンには、現在、CFF事務局を拠点に活動しているチームの他に、関東外地域や各大学を拠点にしている活動チームがあります。

 その中の一つ、CFF北海道チームの石塚くん(てっちゃん)が東京の事務局にはるばる来てくれて、活動の報告+収益や募金の受け渡しをしてくれました!

・北海道大学学園祭、利益(バナナ春巻き+サバティーなど):22,701円
・北海道チームメンバーからの募金:6,735円
・募金:フィリピン青年への奨学金として:2,641円

 CFF北海道の特色は"おしゃれ"な感じ。これまでも、映画のカフェでのイベントや映画の上映会などを行っています。プレゼンツールや報告書も、かわいい。
 
100709hokkaidou_houkoku.jpg
 こうして、日本にCFFの輪がひろがっていくこと、青年たちの輪がひろがっていくこと、きっと日本や世界は変わっていくね。

世界のみんなが幸せになるためには、まだまだまだ先は遠いけど、こうして少しずつ輪が広がっていく限り、未来は明るい。

これからも、楽しみながら、がんばろう。

hokkaidou.jpg
CFF / Caring for the Future Foundation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    青年たちが変われば、世界が変わる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Inline Translator does not loaded. Refresh browser to retry.
Searching...

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ