世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【募集】 CFF被災地支援活動: 短期ボランティア、最終募集(7/29〜7/31)。

募集!

2011年7月20日


NPO法人CFFジャパンでは、4月下旬より、東松島市への「被災地支援活動ボランティア」の募集、派遣を行ってきました。
CFFのプログラム経験者に限っての募集でしたが、これまで14回実施、延べ60人が被災地に関わってきました。
そうした中、東松島市災害ボランティアセンターは、残る役割を関係部署に委ね、縮小していく方針とのことです。

それに合わせてCFFの、東松島市災害ボランティアセンターへのボランティア派遣も、今回15陣が最後となります。
そして、宿泊施設の都合上、10人限定! あらためて募集いたします。
応募は7月24日(日)締め切りです。
 
---------------------------------
 ★実施日程
----------------------------------
 第15陣  7月29日(金)~7月31日(日) 3日間
 
※注意※
・諸事情により、CFFのプログラム経験者に限ります。
・被災地、ボランティアセンターの状況によって、直前にプログラム内容の変更、中止の可能性もあります。ご了承ください。
・応募者が3人に達しない場合も、中止とさせてもらいます。
 
----------------------------------
 ★活動内容
 ---------------------------------
( 1)主に災害ボランティアセンターの実施するお宅の片づけ(床下泥かき、仮設住宅への引越し作業など)
 ※ただ、7月~8月辺りでVCでのボランティア募集を打ち切る、という議論が社協や市でされています。突然そのような決定がされ、(1)の作業ができなくなる可能性もあるので、ご了承ください。
 
(2)避難所などでのお年寄りや子どもたちとのアクティビティ
 ※具体的に子どもたちやお年寄りとこんなことできます。というのも募集中!
  例えば...おやつ作り、ものづくり、紙芝居、楽器を使って歌や踊りのワークショップ
       演劇ワークショップ、手品、足湯、マッサージ、体操、お茶、お花などなど
 ※ですが、現在避難所は仮設住宅への移転から縮小段階にあるので「活動したい」という 思いに応えられないかもしれないのでご了承ください。

(3)夜のシェアリング
 
----------------------------------
★集合・解散
----------------------------------
 ・8:10「東松島市図書館」集合
  *仙台からの所要時間:約1時間半
・「東松島市災害ボランティアセンター」解散。(時間は要相談)
 
-----------------------------------
★宿泊
-----------------------------------
 湯の原温泉 霊泉亭 
*1泊:1000円
 (「ボランティアで来てくれるなら、なんとか空けるよー」という宿の人のはからいです!日本三景松島近くの宿では、破格。)
*VCまでの交通費
 宿から「松島海岸」駅のタクシー代:1台約600円(相乗りすればもちろん安くなります。)
 「松島海岸」駅から「矢本」駅のバス:320円(片道)
   
※直前に、宿泊先が変わる場合もありますので、ご了承ください。
 テント泊、グランティの可能性もあります。
----------------------------------
 ★参加申し込み方法
 ----------------------------------
 宛先: info@cffjapan.org
 件名に「第●陣参加希望」、
 本文に
 1、本名:ニックネーム(参加回)
 2、携帯アドレス
 3、パソコンアドレス
 4、携帯番号
 5、スカイプネーム
 *出発3日前の22時半~から引き継ぎミーティングを開催
 前陣と次陣と被災地支援活動ボランティアコーディネーターで
 事前・事後ミーティングをスカイプで実施します。
 スカイプをしたことない人はこれを機にダウンロードしよう!
 
*スカイプミーティングに参加しないと参加できない
 わけではありません。が貴重な情報がきっと盛りだくさん
----------------------------------
 ★応募締め切り
 ----------------------------------
    7月24日(日)


NPO法人CFFジャパン
東日本大震災・被災地支援活動担当:長友ゆき

 
─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

【ご報告】ありがとう!CFFマレーシア「子どもの家」寄付キャンペーン終了。

御礼

2011年7月20日

みなさま

6月19日より開始したCFFマレーシア「子どもの家」建設のための「あの子が帰る家を創ろう」寄付キャンペーンが、7月18日をもって無事終了いたしました。
おかげさまで、合計で1,940,098円(137件)のご寄付をいただくことができました(7/20現在)。
(キャンペーン特設サイトはこちら http://sin-masaki.com/cff.html )

 ご自身・ご家族のためにと貯めておいたたくさんの資金を振り込んでくださった方、
 少ないけど・・とお財布から取り出し、ご寄付くださった方、
 フリーマーケットやイベントを自主企画し、資金を集めてくださった方、
 自分が寄付するだけでなく、友人・知人に声をかけ寄付を集めてくださった方、 
 お金でなくとも様々なかたちでこのキャンペーンを応援してくださったみなさま、
 それぞれの関わり方でご参加いただいたこの1ヶ月間。

たとえ、小さな働き、どんな額だとしても、それぞれ汗を流して創ったちからやお金は量や額には関係なく、とてもとても価値があるものと思います。
そんなたくさんの人たちがちからや想いを分かち合って創った「子どもの家」。
このことが、これから入所してくる子どもたちにとって、どんなメッセージになるでしょう。

また、今回のキャンペーン期間中、お声かけさせていただいた多くの方より、「こうしてCFFの「子どもの家」づくりに参加する機会をくれてありがとう!」という声をいただきました。その多くがCFFのワークキャンプ/スタディツアーに参加した人たちでしたが、かつて現地で分かち合った「子どもたちの未来のために一緒に「家」を創ろう!」というあの気持ちをもう一度ここで共有できたこと、とてもうれしく感じました。

あらためて、この「あの子が帰る家を創ろう」寄付キャンペーンに関わってくださったすべてのみなさま、また、今回は関われなかったけれど見守ってくださった多くのみなさまに対し、心より御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。
 
この秋、いよいよ子どもたちが入所してCFFマレーシア「子どもの家」運営が本格的にスタートします。環境・経済・福祉の3側面から「持続可能な運営」を目指す「家」
は、きっと将来何世代にも渡って子どもたちの夢を創り続けるものになるでしょう。
それは僕たちの夢でもあります。

「あの子が帰る家」は、「僕たちの還る家」でもあります。

こうして関わってくださったすべてのみなさんの「家」です。 
いつでも帰れる時を望みながら、これからもいっしょにCFFの「子どもの家」を創っていけることを願ってます。

CFFマレーシア応援団
NPO法人CFFジャパン事務局長 渡辺正幸


なお、キャンペーン終了後も寄付は大歓迎です!2012年までで390万円が必要です。
引き続き、ご協力おねがいします!
インターネット・クレジットカードを使って今すぐ寄付できます! http://bit.ly/kt4Ziq より。

─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

【ご案内】 Thank you! 寄付キャンペーン"エンディング・イベント"(7/18)

イベント情報

2011年7月15日

皆さま

6/19より行ってきましたCFFマレーシア「子どもの家」第三棟建設のための「寄付キャンペーン」。
たくさんのみなさまに、ご支援いただき、金額的には160万円の目標を達成いたしました!!
120人の方々に、という人数的な目標についても、もう少しです。

本当にうれしいことで、この感謝をたくさんのみなさまと分かち合いたく、下記のとおり、「エンディング・イベント」を開催いたします。

このキャンペーン、このエンディングイベントも、 私たちが手作りで、時間をかけて、心を込めて、創ったものです。

この私たちのうれしさ、感謝、歓び、幸福が、どうかあなたさまにも伝わりますように。

◎とき:2011年7月18日(月祝)
 開場18:40、開会19:00~(21:00ごろ終了予定)

◎ところ:タイワハウス
    (東京都渋谷区笹塚2-42-17 十号商店街沿い でんきのあきもと2F)
・京王線「笹塚駅」徒歩5分
・地図・道順:http://minna-no.co.jp/th/?page_id=219

◎当日のご連絡先
  080-3910-4602 (CFF事務局の携帯電話)

◎参加費:1,000円(お食事、お飲物代込み)

◎当日の内容(案)・寄付キャンペーンのご報告
・CFFマレーシア「子どもの家」第2棟の着工の進捗状況
・代表理事安部光彦・CFF設立者二子石章とのビデオ電話(スカイプ)
・懇親会(お食事をご用意しています。マレーシアの紅茶も!)   など・・。
                          

▼お申し込み方法:ご参加いただける方は以下でお申し込みください。
ーーーーーーーーーーーーーー
1.お名前
2.ご連絡先(携帯電話番号)

を添えて、下記のアドレスまでメールをいただけますようよろしくお願い致します。
cff.mpj.ivent@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーー

もちろん、今回ご寄付をされてないみなさまの参加も大歓迎です。
たくさんの方々のご参加お待ちしております。

■□キャンペーン特設サイト□■
↓↓ぜひご注目ください!!かわいい~です。
http://sin-masaki.com/cff.html (PC推奨)

NPO法人CFFジャパン
CFFマレーシア応援団
担当:小野沙織


■世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
■東京事務局
 〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_______________________________



Searching...

【ご案内】 CFFジャパン被災地支援活動 in 東松島市「報告会」開催します!(7/10)

ニュース

2011年7月 5日

CFFの被災地支援担当職員として4月26日から東松島市で活動を開始
しました。そして6月30日まで災害ボランティアセンターで地元の人たち、
全国から集まったボランティアの人たちと共に2ヶ月を走り抜けてきました。

この2ヶ月東松島/被災地で見てきたもの、感じてきたこと、
地元の人たちの声、その思い、震災から4ヶ月が経とうとしている
被災地の現状。そしてCFF被災地支援活動、現地に向かった
人たちの思い。こうしたものを伝えるべく

7月10日にCFF被災地支援活動報告会第二弾を開催します。

また報告会後、日々変わっている被災地の状況
に対してこれからのCFFになにができるのか?どう活動をして
いくべきか?みんなで話せるようミーティングも開催します。
興味のある人は合わせてご参加ください。

実際に被災地に行き活動をしてきた学生たちも報告会に参加して、
それぞれがいま心にあるものを伝えてくれます。

また私の後任として現在東松島で奔走している長友由貴
も帰って来て、最新の被災地情報を伝えてくれますよ!

---------------------------------------------------------------------
【CFF被災地支援活動報告会&被災地支援活動ミーティング】

●とき
7月10日(日)
第一部 16:00~17:30報告会
第二部 17:30~19:00ミーティング
第三部 19:30~懇親会(予定)
*報告会のみ、ミーティングのみ 、懇親会のみの参加も可能です。

●ところ
JICA地球ひろば(広尾)

●参加費
500円(会員:300円)

●参加申し込み・問い合わせ
CFF事務局担当:鈴木沙彩 nama_saya_saaaaya.u-x-u@ezweb.ne.jp まで

------------------------------------------------------

CFFジャパンの被災地支援活動については以下をご覧ください。
http://cff-hisaichisien.cocolog-nifty.com/blog/

201103110015.jpg
震災からまもなく4ヶ月が過ぎようとしています。東松島市にはたくさんの
支援が集まり災害ボランティアセンターに訪れる人は一日最大で1100人
を超える日がもありました。

そうやって
確かに一歩一歩復興に向かって進んでいます。
これからCFF
になにができるのか?

そして今回の大震災を僕らはどう受け止め、生きていくべきなのか。


そんなことを考えられる時間になったらと思います。

是非みなさんご参加ください。


CFFジャパン被災地支援活動担当:石井丈士

─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

Searching...

【ご寄付のお願い】 あの子が帰る「家」を創ろう。CFFマレーシア「子どもの家」建設 《寄付キャンペーン》7/18まで!

お願い

2011年7月 4日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CFFマレーシア「子どもの家」第3棟建設 《寄付キャンペーン》6/19~7/18
  ~あの子が帰る「家」を創ろう。~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさま

いよいよ!!今年秋、CFFマレーシアに子どもたちを迎え入れることになりました。
そのために、7/18まで「子どもの家」第3棟の建設に向けた「寄付キャンペーン」を開始しています!

CFFマレーシアが活動を開始してから、約4年。
厳しい立場に置かれた子どもたちの未来を築くために、たくさんの人の想いがつなが
り、いよいよ今年の11月にできる「子どもの家」。
そのあたたかな場所に、子どもが住み始めるまで、もう間近!
受け入れられた子どもにとっては、大きく世界が変わる時です。

どうか、皆さんの力を、そして愛を、シェアしていただけませんか?

目標金額が「160万円」です。
これで「子どもの家」第3棟ができます。

今ここに、より良い未来の実現のための、子どもたちを救うための、ご寄付を募ります。

■□たとえばの寄付額(例)□■
ご寄付額は自由ですが、例えば、
(1)ランブータンさん:3,000円
(2)マンゴスチンさん:12,000円
(3)ドリアンさん:100,000円

ちなみに・・目標達成には
ランブータンさんは100人、マンゴスチンさんが67人、ドリアンさんは5人、必要です!
もちろん、それ以外の金額でも、ご寄付大歓迎です。

■□ご寄付の方法□■
●お振込みの方法:以下のいずれかでお願いします!
(1)インターネット・バンキングで。
  ★今すぐ寄付できます! 下記の口座へお振込み。
(2)インターネット・クレジットカードを使って。
  ★今すぐ寄付できます! http://bit.ly/kt4Ziq より。
(3)コンビニなどのATMを使って。
(4)郵便局または銀行の窓口に行って。
(5)CFFのスタッフに手渡しで。

●お振込先:
 ★コンビニATMや銀行・郵便局窓口でのお振込み、また、ネット・バンキングを使っ
てのお振込みの場合は、下記のいずれかの口座にお願いします。
(1)ゆうちょ銀行口座:
  郵便振替 00510-1-2968
  特定非営利活動法人CFF
(2)三井住友銀行口座 三井住友銀行:
  小手指支店(こてさし)
  普通7244724
  名義:シーエフエフマレーシアダイヒョウアベミツヒコ

■□キャンペーン特設サイト□■
↓↓ぜひご注目ください!!かわいい~です。
http://sin-masaki.com/cff.html (PC推奨)

スクリーンショット(2011-06-20 20.11.25).jpg
私たちが、子どもたちと共に愛と喜びを分かち合い、かけがえのない絆と、心の帰れ
る場所が築かれていきますように。

CFFマレーシア応援団プロジェクト・一同


■世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
■東京事務局
 〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_______________________________




MLホームページ: http://www.freeml.com/cff-malaysia


カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ