世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【中間報告】 CFFマレーシア「子どもの家」運営のサステイナブル・デザイン(日本国際協力財団「平成23年度 国際協力NPO助成」事業)

ご報告

2011年12月 7日

CFFマレーシアでは、児童養護施設「子どもの家」の運営を、「経済的・環境的・福祉的」の3側面から持続可能なものとなるような「サスティナブル・デザイン」の実現を目指しています。

2011年度は、財団法人日本国際協力財団より助成を賜り、そのための「仕組みづくり」を行っています。

2011年〜2012年は、下記の4項目(3年間では全9項目を予定)を行い、また、それらの設備資源の構築活動を通して「人材」「資金」「知識・技術」という資源をも増進させたいと考えています。

① 水源地の拡張工事
② ゴムの木プランテーションづくり
③ 養魚池の造成
④ 養蜂箱の設置・仕組みづくり


なお、これらの事業は専門家の助言をいただくとともに、村の伝統的な農業技術や知識等との「対話」を重視して行うこととします。


《中間報告》(10月末まで)============================================

(1)山の開墾  下記のようにジャングルの原生林が生い茂る土地を開墾、整地する
スクリーンショット(2011-11-01 16.03.57).jpg
2011年4月、山焼き                    山焼き後のゴムの木植林予定区域
スクリーンショット(2011-12-07 16.55.22).jpg
土地が落ち着くまで2週間放置し、その後焼け残りの切り株などの除去作業
5.jpg(2)整地(植林道造作)と苗木の植林

 植林道を作る5月11日開始~9月初旬まで   ↓植林道の拡大図
スクリーンショット(2011-12-07 16.55.31).jpg
↓あらかじめ買っておいた苗木(600本)を→このように植林道に植えた(6月~9月後半まで)
スクリーンショット(2011-12-07 16.55.49).jpg
約2メートル間隔で合計407本の植林を行った。10月現在の様子(週3回業者による手入れ)
スクリーンショット(2011-12-07 16.55.55).jpg
(3)養魚池
   
造作前の池建設予定地(左写真:正面から、右写真:反対側から見た景色)
スクリーンショット(2011-12-07 16.56.07).jpg約6000坪の湿地帯が広がる。この写真の区域は約200坪(660平方メートル)。この区域に約36平方メートルの池を10面作る計画(うち1号池:80平方メートルは昨年試作で完成しているため、当該事業では残り8面を作る)。うち、2号池と3号池は出荷用のセメント池を、4号池、5号池(養殖用のみ)は当初の計画の2.5倍の大きさ=90平方メートルに変更。

<第2号池>7月初旬着工、中旬完成
向かって左側に2号池(6m×6m)を掘り、セメントで仕上げる作業(出荷用の池①)
スクリーンショット(2011-12-07 16.56.21).jpg
第2号池の完成            第2号池に湧水を引く(場所の選定)
スクリーンショット(2011-12-07 16.56.32).jpg<第3号池>8月中旬着工、下旬完成
 手前が3号池。奥に2号池が既に出来上がっている。 ワークキャンプで青年たちが掘る作業を行う。
スクリーンショット(2011-12-07 16.56.53).jpg
施行会社のスーパーバイズの元、青年たちがセメントの壁作りにも挑戦。右は完成写真
スクリーンショット(2011-12-07 16.57.02).jpg
     次の4号池、5号池へと繋がる用水路を同時に建設
スクリーンショット(2011-12-07 16.57.13).jpg<第4号、5号池>9月初旬着工、中旬完成
     4号、5号池共に約90平方メートル大。 池を掘る作業のみ日馬合計25人の青年が行った。
スクリーンショット(2011-12-07 16.57.24).jpg
写真左は第4号池(左)と第5号池(右)の工事前、右は工事後
スクリーンショット(2011-12-07 16.57.33).jpg
     5号と4号池を反対側から臨んだ景色         正面からみた1号池~5号池全体の景色

スクリーンショット(2011-12-07 16.57.42).jpg第2号、3号池は計画通りのサイズであったが、4号、5号池は約2,5倍の大きさで作る事が出来た。池の大きさはできる限り大きい方が魚は大きく育つので、より理想的な形となった。現在、池の補修工事を行っている(キャンプで青年たちが行った部分が不完全なため)。


養魚池プロジェクト全体の進捗状況
           <プロジェクト前>                    <現在の状況>
スクリーンショット(2011-12-07 16.57.53).jpg第1号池で養殖しているティラピアが順調に成長し続けている(約3000匹)。今後は2012年2月、3月に3面増やす予定(この池の大きさも計画当初よりも2.5倍の大きさに変更する予定)


(3)今後の予定 (今年度事業)
・わき水の拡張工事―パイプを2本に増やし、水タンクを設置。
・養蜂―ミツバチの養殖、巣箱を50箱設置。CFFマレーシア職員に技術移転
・養魚池―3面

=====================================================================


あらためまして、助成をいただきました日本国際協力財団の支援者及び関係者のみなさまがたには心より御礼申し上げます。


NPO法人CFFジャパン
事務局長 渡辺正幸


─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────










【中間報告】 CFFジャパン 東日本大震災 復興支援活動(宮城県 東松島市):中央共同募金会「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」事業

ご報告

2011年12月 7日

logo_shien.gif
CFFジャパンが宮城県東松島市において東北大震災の復興支援活動をはじめてから、7ヶ月が過ぎました。
当初、津波被災地域は言葉を失うほどひどく、小さな町で1,000人以上の人が命を失いました。被災した家屋は全家屋の1/3以上と言われいます。

CFFは12月までの間、駐在スタッフを地元・東松島市の生活復興支援センター(元災害ボランティアセンター)に配置して業務支援を行い、また、東京からはこれまで述べ約170人ものボランティアを現地に派遣してきました。

若いボランティアたちは地元の方々とともに笑顔になり、つながりがつながりを呼んでいます。

「津波があったことは決して良いことなんて言えないけど、でもそのおかげであなたたちと出会えて、うれしい。」あるおばあちゃんの言葉。


2012年3月以降の活動展開はまだ未定ですが、3月までは引き続き下記のような活動を進めていきます。

(1)コミュニティづくりのお手伝い(短期ボランティア・長期ボランティア派遣)
 仮設住宅・集会所でイベント開催のお手伝いをしたり、地域で開催するイベントのお手伝いしたりなど、地域の人と人がつながり元気になるお手伝いをさせていただきます。

(2)東松島市生活復興支援センター運営のお手伝い(駐在スタッフの配置)
 がれきの運び出しや泥かきなどの作業ニーズはほとんど終了したそうですが、現在は寒さ対策や地域のためのお茶会開催などを実施している東松島市生活復興支援センターのお手伝いをさせていただきます。
 ▼東松島市生活復興支援センターのサイト
  http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10180

(3)啓蒙・啓発活動(東京でのボランティア活動) 
 関東でのイベント出展の際に東松島市の状況を伝えたり、東松島市の商品をこちらで販売させていただいたり、あるいはブログや報告書などで情報発信したりなど、CFFの拠点である東京を中心に、東松島市復興の後方支援活動を行なっていきます。
 ▼CFF被災地支援活動のブログ
  http://cff-hisaichisien.cocolog-nifty.com/blog/

本活動にあたり、たくさんの支援金をいただいた皆様、また、中央共同募金会「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」支援者・関係者の皆様には厚く御礼申し上げます。

東北で被災され復興に向かって尽力している皆様に一日も早く平安な時が戻りますようお祈り申し上げます。

NPO法人CFFジャパン
事務局長 渡辺正幸



─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────



【御礼】 CFF15周年記念 CFFマレーシア「子どもの家」開所式、終了しました!

ジムキョクより

2011年12月 6日

みなさま

私たちCFFは、設立15周年を迎えました。
たくさんのみなさまに支えられながら、子どもたち・青年たち、未来のための活動を続けてくることができました。

この度、マレーシアにおいて"WALKING IN THE LIGHT"と題した記念式典をとり行いましたので、みなさまへの心からの感謝とともにご報告いたします。

下記の3つを目的として行いました。
 1)CFFマレーシア「子どもの家」開所式(子どもたちの受け入れ)
 2)CFF15周年を記念し、設立者二子石 章を表敬すること
 3)CFFジャパン・CFFマレーシア・CFFフィリピンが未来に向けての協働を約束すること

以下のリンクから報告をご覧下さい。
http://cffjapan.exblog.jp/16915603/


─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────


----------------------------------------------
【御礼】 CFF15周年記念 CFFマレーシア「子どもの家」開所式、開催します(11/26)

みなさま

11月26日、CFFは設立からちょうど15周年を迎えます。

15周年を記念し、11/26~12/1の4日間、
 ・CFFマレーシア「子どもの家」開所式、および子どもたちの入所式
 ・CFFジャパン・CFFフィリピン・CFFマレーシアによる国際シンポジウム
を、CFFマレーシア(サバ州パパール)において開催いたします。
 
日本でCFFとつながっているみなさま、この4日間をマレーシア現地でともにすることはできませんが、ぜひ新しい子どもたちの入所や「子どもの家」の開所を一緒に祝い、また、ぜひ日本でもCFFのことを考えていてくださいね。

15年目、感謝と歓びをみなさんとともに。


NPO法人CFFジャパン事務局長 
渡辺正幸

mini_IMG_3851.jpg
mini_IMG_3856.jpg
mini_IMG_3859.jpg─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────




カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ