世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【ご報告】CFFジャパン事務局長の交代

お知らせ

2012年10月31日

いつもCFFとともに歩み、また支援をくださってありがとうございます。

ご報告が遅くなりましたが、CFFジャパンは 201281日を持って、 事務局長が渡辺正幸(写真右)より川﨑修(写真左)へと交代いたしました。両名からのごあいさつをお届けいたします。
  
osamu_masa-yoko.jpg
__________________ 

【退任のごあいさつ】

CFFのみんなと何を描いていこうか・・。


振り返ると、本当にいろんなことがあった7年間。小さな旧事務局で一人徹夜していた日々や、力が足りず迷い落ち込んだ時期、困難を目の前に一生懸命にがんばった想い出や、仲間が増えたり活動が広がるよろこび、そして繰り返すキャンプやツアーを通して自分自身が確かに生きる価値をいただき深めてこれた軌跡、そんなことを思い出します。

全力で突っ走ってきた日々には、子どもたちの大きな成長やキャンプやツアーをともにし輝きを増した青年たちのことが思い出され、そういったことが何よりも僕を力づけて、僕を活かし続けてくれたんだと本当に感謝の気持ちが溢れます。本当にみんなからもらう優しい声や手伝ってくれる力、そして、現地で成長している子どもたちの存在に、その都度その都度、助けられてきました。ありがとうという一言では表せなくくらい感謝と幸福を感じます。いやいや、本当に大変だったけど、幸せだったなぁ。

支えてくださったみなさん、本当に本当にありがとうございました。


とは言えども、ライフワークとしての CFF の活動。これまで長く東京の便利な都会に暮らし関わってきましたが、一転、新潟の豪雪地帯の山中に越します。そこにある自然の豊かさ・厳しさの中で、家族と小さく暮らしながら、今後も CFF のミッションを進めていきたいと考えています。 果たして一体どうなるかわかりませんが、また一からがんばって、 より豊かな未来のための「未来の基盤」をもっともっと確かに築いていきたい。これからも CFF のみんなと未来を語り、未来を育てていきたいと思っています。


後に着任した新事務局長・川﨑もまた、1999 年に CFF のワークキャンプに参加して以来、ずっとともに CFF をつくってきた同士です。彼にもまた、私や前任にはなかったすばらしい能力や経験・想いがあります。きっとそれらをもって、また CFF に、そして社会・ 世界に新しい可能性をもたらしてくれるでしょう。今後とも、CFF 事務局および、広がりゆく CFF の運動全体へのご支援・ご協力をお願いします。


7年前、事務局長に就任したときのごあいさつに、「今、真っ白い大きな模造紙を目の前に広げて、これから何をそこに描き込んでいけるか楽しみ」というようなことを書いた記憶があります。 そしてまた今もそんな感じがします。ミッションに基づた新しい体制の CFF で、僕らは何を描いてもいい。いろんな可能性に満ち溢れています。CFF のみんなと、いったい何を描いていこう。

気づいて、シェアして、築く。

そして、夢は現実へ。

これからも、みなさんとともに歩み続けたいと思っています。

 

渡辺正幸

1997年の第0回ワークキャンプに参加して以来CFFで活動。2002年CFFジャパンの理事に就任。2005年9月から2012年7月まで、CFFジャパン事務局長を努めた。

 __________________ 

【就任のごあいさつ】

CFF とわたし:近くて遠くて、事務局長になって。


CFF と出会って 13 年。なんとこの夏からは、仕事として CFF ジャパン事務局を担わせていただくことになりました。この 13 年間、とくにその後半の期間は理事として CFF にかかわっ てきましたが、決してほかのみなさんのように日々 CFF の活動に積極的に参加してきたわけではなく、むしろここ最近は、ひたすら裏方から見守ってきました。 ただ、それでも変わらなかったのは、私にとって CFF がすべての「入口」「きっかけ」であったこと。学生のとき、まだ何をすべきかなんてことも考えていなかったとき、大雨のフィリピンで CFF に出会いました。そして CFF には、一時の出会いだけでなく、「家」のような場がありました。

CFF で刺激を受け、残りの学生時代に地域での活動にかかわり、 一度就職後、NPO で働くことを志し、直近の6年間は、横浜の広くまちづくりを目的とする NPO で組織の中核を担ってきました。そして、この春よりその仕事の延長線上で、少々予定外だったものの 起業というチャレンジをしている最中で、現在に至ります。 

そんな中で、いつからか自分の果たすべき役割が見えてきたように思います。 人はみんな「よいこと」をしたい。だが、その機会や具体的な実践の場が不足している。たとえ特別な能力・背景はなくても、「ふつうの人」であっても、市民として、できれば仕事として、社会や地域の一端を担う。そんな環境作りのお手伝いが私の役割・使命と考えています。


では、CFF の社会的使命は何でしょうか。
CFF は私にとって不思議な場所です。これほどまでに、若い人が集い続け、通い続け、笑い、泣き、考え、想う。シェアする。若い力を集めるCFFには、大きな可能性とともに、社会に向けて公共のために「人を育てる」という大切な役割や責任を担っています。 もちろん、まずは CFF があずかっている、またこれからあずかるであろう子どもの「いのち」を守ることが大切です。そして、これらのミッションのために持続可能な CFF をつくることにも取り組んでいきます。

前任の渡辺(まさ)、さらにその前任の大沢(よしお)とも、大変傑出した、またとても熱い人物です。とくにこの7年間にまさが CFF に残した足跡は計り知れません。 私には同じことをする能力はありません。同じことをこなす余力もありません。でもそんな人でも役割を果たせる場にしていきたい。 広がり続ける業務の整理も必要でしょう。何よりも、ほかの素晴らしい熱意溢れるスタッフをはじめ、理事や会員や活動メンバーのみなさんの力は欠かせません。どうか、みなさまのご支援・ご協力をたまわりたく、よろしくお願い申し上げます。


川﨑 

1999年の第4回ワークキャンプに参加して以来CFFで活動。2006年CFFジャパンの理事に就任。2012年8月より、CFFジャパン事務局長となる。

【ご報告】被災地での復興支援活動が表彰され、本に掲載されました!

お知らせ

2012年10月23日

2011年4月から継続して行ってきたCFFの東松島市での復興支援活動に対して、東松島市より感謝状をいただきました。

P1100897_400.jpgありがとうございました!

またJANICさんにより著された「あの日私たちは東北へ向かった」にCFFの東松島の活動が、駐在員であった長友を中心に描かれています。是非ご覧ください。

___400.jpgCFFは2011年3月11日に東日本大震災発生後、1ヶ月で宮城県入りし、それ以来小さな規模ではありましたが(宮城県)東松島市で少しずつ少しずつ糸をつむぐように、つなぎ活動を続けてきました。

こうして被災地での活動が認められたのことは、なによりもボランティアとして活動に参加してくれた人たち、現地に行くだけでなく寄付や活動のバックアップを通して活動を支えてきてくれた全ての人たちのおかげです。本当にありがとうございました。

先日、東松島市で津波による壊滅的な被害を受けた野蒜地区で復興祭が開催されたそうです。昨年はCFFも出店し参加しましたが、今年は地元の人たちが数多く出店していたそうです。
また昨年は食事や冬服の無料配布がほとんどでしたが、今年はその数も減り、「復興祭」という名前も今回で終わりにするそうです。(CFF東松島駐在員 金須より)

1年7ヶ月たったいまも安定した職や家がなく仮設住宅で暮らしている人が多くいます。そんな中でも少しずつですが確かに復興の道を、東松島市は歩んでいます。

私たちCFFにできることはとても小さく限られていますが、少しでも多くの笑顔が見られるよう、今後も東松島市のみなさんと共にがんばっていきたいと思います。

これからもCFFの復興支援活動をよろしくお願いいたします。

NPO法人CFFジャパン
石井丈士





続きを見る

【お知らせ】ついに!2013年春プログラム日程決定!

キャンプ/ツアー

2012年10月16日

お待たせしました!2013年春のワークキャンプ/スタディツアー/ハッピー"子ども"キャンプの日程が決定しました。

興味のある方は資料請求をしていただければ、無料で資料をお届けいたします。資料は現在作成中で11月中旬にはみなさんの手元に届くようにします。

フィリピン、マレーシアへ飛び出そう!これまで経験したことのない最高の春を!


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■フィリピン・ワークキャンプ 【詳細】
第82回 2013年2月7日(木)~2月20日(水) 14日間
第83回 2013年2月24日(日)~3月9日(土)   14日間
第84回 2013年3月13日(水)~3月26日(火) 14日間

■フィリピン・スタディツアー 【詳細】
第25回 2013年3月5日(火)~3月13日(水) 9日間

■フィリピン・ハッピー"子ども"キャンプ 【詳細】
第9回 2013年3月29日(金)~4月6日(土) 9日間

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■マレーシア・ワークキャンプ 【詳細】
第23回 2013年2月4日(月)~2月15日(金) 14日間
第24回 2013年2月19日(火)~3月2日(土)  14日間
第25回 2013年3月19日(火)~3月30日(土)  14日間

■マレーシア・スタディツアー 【詳細】
第10回 2013年3月7日(木)~3月15日(金) 9日間



P1010210_400.jpg




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「未来を築く」 

(特活)CFFジャパン http://www.cffjapan.org/

_______________________________




カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ