世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【お願い】フィリピン・マレーシアで、子どもたちの生活を支えたい

ニュース

2014年10月31日

11月になり2014年も残すところあと2ヶ月となりました。今年も、CFFはみなさまから多くのご支援をいただき、活動を盛り上げていくことができました。ありがとうございました。

そして2014年最後にCFFではもう一度、フィリピンとマレーシアの子どもたちの生活基盤を支えるため、下記の通りご支援をお願いしたいと思っております。
●フィリピンで、10年使っていた車Revoの老朽化による『新車購入のため』
●マレーシアで、「子どもの家」メインハウスで使用する『生活備品購入のため』

施設の運用開始から13年がたったCFFフィリピン「子どもの家」では、子どもを受入れ、成長を支援するということにおいては着実に安定してくることができました。
しかしながら、長い間施設運営期間故に現在は様々なところで修復などが必要となっています。
特に現在はこれまで10年に渡って使ってきた車が老朽化により突然エンジンが止まったりするなど安全性を欠くだけではなく、運転ができなくなる状態までになることもあり、新車の購入が不可欠になりました。


一方、施設の運用開始からまだ3年のCFFマレーシア「子どもの家」では、子どもたちが生活するメインハウスの完成に一歩一歩近づいてきています。
メインハウスが完成すると最大30名程度の子どもたち、いまは厳しい状況に生きる子どもたち、に安心した暮らしを用意することができます。これから、子どもたちが生活を始めるに当たって家具や生活備品の購入のための資金が必要になっています。

以上のことからCFFでは12月31日までの間で、寄付募集をいたします。

【CFFフィリピンー車の購入ー】
・子どもたちやプログラム参加者の病院や学校への送迎
・子どもたちの長距離移動(入所児童の家庭訪問など)
・寄付物資の受取輸送
・スタッフの業務(日々の食材等買い物や行政手続きでの役所訪問)

のために車は利用します。日常的に使うものであり、緊急時に子どもたちを緊急搬送する車でもあります。どうかお力を貸してください。
スクリーンショット 2014-10-31 12.16.15.pngのサムネール画像10年に渡り日本人と子どもたちを運び続けたRevo。

【CFFマレーシアー生活備品の購入ー】
今回は子どもたちが生活するうえで必要な、下記の家電、調理器具などの生活備品の購入のためのご寄付を募集いたします。

・ガスコンロ
・洗濯機
・冷蔵庫
・調理場流し台
・調理用換気扇
・流し台

子どもたちの生活の基盤をつくりあげる、これなしに生活は成り立たない「食」に関わるものです。どうかご支援よろしくお願いいたします。
fwdcff.jpg

ご支援の方法は下記の通りになります。ご不明なことがありましたらCFF事務局までご連絡ください。
-----------------------------
■目標金額:フィリピンで50万円、マレーシアで50万円の寄付を目標としています。
■期間:2014年12月31日までの期間限定
■お振込先:下記の(1)(2)(3)からお選びください。
※お振込みのときは、CFF事務局info@cffjapan.orgにその旨をご一報ください。
(1)インターネット(クレジットカード決済で)
 http://kessai.canpan.info/org/cff/donation/100416/
 にアクセスしてページの指示に従ってください。

(2)銀行(コンビニATMからでも)
東京UFJ銀行 大塚支店 店番号:171
普通口座 口座番号:0075965
特定非営利活動法人 ケアリングフォ-ザフュ-チャ-ファンデ-ションジャパン
▼お名前の頭に「ネンマツキフ」と付けてください。

 (3)郵便局(ゆうちょ銀行):振替用紙に以下を記入して振込。
郵便振替 00510-1-2968 特定非営利活動法人CFF
▼「年末寄付」と通信欄にご記入ください。

※1 フィリピンもしくはマレーシアどちからに指定して寄付される場合や、寄付額をそれぞれの国に指定の額で分配して寄付される場合は、お手数ではありますがその旨をCFF事務局info@cffjapan.org/03-5960-4602へご連絡ください。クレジットカード決済の場合は団体へのメッセージ欄、郵便局の場合は通信欄にその旨ご記入いただいても構いません。

※2 特に指定がない場合は、寄付の集まりに応じて事務局の方で考慮し、それぞれの国へ寄付させていただいきます。

--------------------------------


マレーシアでは新しくできた「子どもの家」メインハウスで、新しい子どもたちの生活がまもなくはじまります。
いまを生きることに精一杯な子どもたちが厳しい生活環境から離れ、「子どもの家」で安心した生活ができるようになること。そして、自分の将来に希望を持ち夢を見て育っていくようになること。
その子どもたちの生活を影から支える家具や家電などの生活備品のために、あなたの思いをシェアしていただければ幸いです。


フィリピンのRevoはキャンプ、ツアーでマニラを何往復も何往復もしてきました。台風で浸水する中、水が入ってくるギリギリのとこまで突き進んでくれました。
そんなRevoも最近ではドアを開閉に不具合が生じ、走行中に突如エンジンが止まることも...。是非これからのCFFフィリピンの活動と子どもたちの生活を支える新しい車のためご支援お願いいたします。

NPO法人CFFジャパン

【日程決定!】2015年春 CFF海外ボランティアプログラム!

キャンプ/ツアー

2014年10月17日

お待たせいたしました!2015年春のワークキャンプ/スタディツアー/スタディキャンプのプログラムの日程が決定しました!日程は下記の通りです!

たくさんのお申込みお待ちしています。

◎資料請求の請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/
(現在資料請求は予約を受付中です。11月にお届けの予定です。)


【フィリピン】
第94回ワークキャンプ:2月13日(金)〜2月24日(火)
第95回ワークキャンプ:3月10日(火)〜3月21日(土)
各12日間

第29回スタディツアー:3月1日(日)〜3月9日(月)
9日間

【マレーシア】
第34回ワークキャンプ:2月24日(火)〜3月7日(土)
第35回ワークキャンプ:3月17日(火)〜3月28日(土)
各12日間

第14回スタディツアー:2月12日(木)〜2月20日(金)
9日間

【ミャンマー】
第2回ミャンマースタディキャンプ:3月20日(金)〜3月30日(月)
11日間(予定)


どのプログラムも資料請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/

2015春、フィリピン、マレーシア、ミャンマーへ飛び出そう!!
ご参加、心よりお待ちしています!

1752762822092.jpg

【完了報告】 CFFマレーシア「子どもの家」運営のサステイナブル・デザイン(日本国際協力財団「国際協力NPO助成」事業)

お知らせ

2014年10月 9日

CFFマレーシアでは、児童養護施設「子どもの家」の運営を、「経済的・環境的・福祉的」の3側面から持続可能を果たすことのできるよう、新しい社会自立システム「サスティナブル・デザイン」の構築を目指しています。

平成23年度、平成24年度、平成25年度と3年間継続して、財団法人日本国際協力財団様より、この「サステイナブル・デザイン」に対して助成を賜り、3年間の助成期間を完了したことをご報告いたします。

本助成事業において、初年度は1)養魚池の造成、2)雨水タンクと水源地拡張工事事業、3)養蜂箱の設置と現地職員への養殖技術移転。


造成した養魚池スクリーンショット 2014-10-09 21.28.00.png


スクリーンショット 2014-10-09 21.01.29.png屋根から雨水を引水し、貯水する雨水タンクシステム


スクリーンショット 2014-10-09 21.01.53.png養蜂研修の様子

2年目においては、稚魚養殖システム(全面コンクリート、4階段式)と出荷用池(全コンクリート2層式)の新設工事、出荷に至るまでの養魚事業の強化。

スクリーンショット 2014-10-09 21.07.38.png稚魚養殖システム

スクリーンショット 2014-10-09 21.08.05.png育った稚魚

そして3年目である昨年度は、1)魚の餌の製造所建設・魚餌の自主生産による養魚事業の発展と安定、2)環境保全型石鹸(固形、液体)の開発・商品化による環境的、経済的サステイナブルデザインの実現を促進させることを目的にプロジェクトを実施しました。

スクリーンショット 2014-10-09 20.14.49.png魚餌の製造所

2tilapia 1.JPG養魚事業で育ったティラピア

スクリーンショット 2014-10-09 21.20.59.png左から、身体用石鹸・食器用洗剤・エンザイム

昨年度の成果として、これまで掛っていた魚の餌の総コストを約50%に半減することができました。今後も商品としての品質改善の研究は必要なものの、栄養価の高い商品が順調に作れるようになってきました。
またレモングラス、ローズマリー、バージンココナッツオイル等を使った石鹸作りに成功。その他、植物油、オリーブ油、廃油など様々なバリエーションで多種多様な石鹸を創作できるようになりました。エンザイムも洗剤用と飲用を製造し、販売しています。

すでに市場への出荷をはじめ、2013年度はこの養魚と石鹸の売り上げが100万円に至ることができました。今後はさらなる発展のため、養魚池の養殖環境をより改善させること、また商品の販売ルートを拡大していくことに取組んでいく予定です。

3年間継続して来た本助成事業の実施により、CFFマレーシアの柱であるサステイナブル・デザインの強化及び安定化を着実に進めていくことができました。

本事業に対し、3年間助成をいただきました財団法人日本国際協力財団「国際協力NPO助成事業」の支援者および関係者の皆様に、心より御礼申し上げます。

【現地たより fromフィリピン】子どもたちの入退所と奨学生の卒業

ニュース

2014年10月 2日

今年の5月にCFFフィリピン「子どもの家」へ2人の男の子が仲間入りしました。
DSC00352.JPG

3歳(右)と6歳(左)の仲良し兄弟です。2人は経済的に貧しい家庭に産まれ育ったことなどが原因で「子どもの家」に来ることになりました。入所する前は口数もとても少なく笑顔を見せることはあまりなかったそうです。

ただ「子どもの家」に来てからは毎日、笑顔で元気に過ごしています。日中は他の子達が学校に行くなか、小学校入学前の2人は「子どもの家」で本当に仲良く、いつも一緒に遊んでいます。
スクリーンショット 2014-10-02 10.22.54.png


そして同じ時期に2002年から12年間「子どもの家」で育った女の子が「子どもの家」を巣立っていきました。

入所当初は5歳の幼い女の子でしたが、いまではすっかり大人なりました。彼女は高校を今年の3月に卒業し、現在は大学に通いながら住み込みでお手伝いさんとして働いています。いま、自立への一歩一歩進んでいます(写真右)。
IMG_1998.JPG


路上を生きる場としている子ども、本当に受け取りたい親からの愛を受けることのできない子ども...そんな子どもたちが安心して生活できるよう、そこから自立したひとりの大人と育っていけるよう、CFFでは様々な事情から親と生活することのできない子どもたちのための施設「子どもの家」の運営を行っています。

よろしければ下記よりご支援をよろしくお願いいたします。
CCSバナー.jpgのサムネール画像


また、CFFジャパンの奨学金支援チーム「パンガラニティ(笑顔と夢という意味)」が4年間を支援をした2人の奨学生も今年の4月に大学を卒業しました。
10171242_754275917950891_568996319489772608_n.jpg

2人はそれぞれ教育学部と社会福祉学部を卒業し、小学校の先生として仕事を得て教育の現場で働いたり、無事ソーシャルワーカーの国家試験に合格したり、着実にそれぞれの人生を歩んでいます。

以前は2人とも経済的問題から大学に入学することすら夢のまた夢のような状況だったそうですが、大学で4年間学び無事大学を卒業したことをとても誇らしげに話してくれました。

こうして子どもたちや青年たちが育つ場をCFFが築けているのも、みなさんのご支援あってこそだと実感しております。ありがとうございます。これからも、子どもたや青年たちの成長のためみなさんと共に進んでいけたらと思います。

NPO法人CFFジャパン 事務局

2014年秋の国際フェスタに出店します!(グローバルフェスタ、よこはま国際フェスタ)

イベント情報

2014年10月 1日

10/4(土)、5(日)の2日間で開催される「グローバルフェスタ2014」、及び
10/18(土)、19(日)の2日間で開催される「よこはま国際フェスタ2014」
にCFFも出展します!

毎年恒例となっている、フィリピンのおやつ「バナナ春巻き」を販売します!

また、展示ブースでは、フィリピンから取り入れた小物や宮城県東松島市のお味噌商品の販売に加え、ワークキャンプやスタディツアーの説明、活動紹介などを行います!


たくさんのNGO/NPOや企業も出展し、コンサートなどのイベントも盛りだくさんです。
ぜひぜひCFFのブースにもお越しくださいね!


みなさまのご来場、心よりお待ちしております!

▼グローバルフェスタ2014
◎とき:2014年10月4日(土)5日(日)10:00~17:00(2日間)
◎ところ:日比谷公園
◎グローバルフェスタ2014公式サイト 
http://www.gfjapan2014.jp/

★CFFジャパン出展ブース
【R】JOCA/農業開発/収入向上ゾーン(レッドエリア)」
 展示ブース:R31番ブース
 飲食ブース:R56番ブース


▼よこはま国際フェスタ2014
◎とき:2014年10月18日(土)19日(日)10:30~16:00 (2日間)
◎ところ:象の鼻パーク(みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分)
◎よこはま国際フェスタ2014公式サイト 
http://yokohama-c-festa.org/


★CFFジャパン出展ブース
 展示ブース:M19番ブース
 飲食ブース:R19番ブース


フェスタHP用写真.jpg


─────────────────────────
(特活)CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ