世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【新事業実施中】順天高校フィリピンプレ派遣実施しました

ニュース

2015年1月22日

昨年度より、文部科学省が「将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する」ことを目的に「スーパーグローバルハイスクール(以下SGH)」という新しい取り組み開始しました。
そして、CFFはそのSGH指定校として選定された順天高等学校と提携をして事業を開始しています。

その取り組みのひとつとして昨年12月18日〜23日の5泊6日で、フィリピンプレ派遣プログラムを実施しました。このプログラムでは順天高校から1年生3名と教員2がフィリピンへ渡航。

プレとはいえ、フィリピンで高校生達が訪問、交流、活動など短期間で密度の濃い時間となりました。

私立高校でのクリスマスパーティに招待され、ゲームに参加。
DSC00915.JPG

高校生たちと日本とフィリピンの社会状況について議論を交わしました。英語での主張することに四苦八苦しながらもがんばりました。
DSC01006.JPG

都市の貧困地区やゴミ集積場も訪問し、インタビューを実施。
DSC01075.JPG

DSC01047.JPG

またCFF「子どもの家」での子どもたちと"妖怪ウォッチ"
DSC01082.JPG

周辺コミュニティでシチュー作りをして、みんなで食べて、大縄で子どもたちとも交流しました。
DSC01185.JPG

最終日にはJICAのフィリピン事務所も訪問し、国としての取り組みや協力隊の方から自ら答えを探すことの重要性を学びました。

3人の生徒は
「フィリピンにある貧富の差、世界で起きている資本主義の厳しい現実」
「貧しくても、家族がいればそれだけで幸せ。と笑顔でいるフィリピン人たちの心」
「自分たちが当たり前と思っている価値に捕われない、物事の本質を見ることの重要さ。そして、フィリピンで活動するからにはフィリピン人の価値観に立つことの重要さ。」
などを学んだとそれぞれ帰国後に話してくれました。

短い期間でしたがフィリピンの社会、文化、歴史、生活そして人に触れ新しい"気づき"を得ることができ価値ある時間が過ごせたのではないでしょうか。

本事業は今年も継続し、秋には「フィリピンの社会課題解決」に向けた活動を生徒達自身で考え実施する、フィリピン派遣プログラムを予定しています。

マレーシアプログラムにおけるリーダー搭乗便(エアアジア)の利用に関して

お知らせ

2015年1月21日

CFFの海外ボランティアプログラムは現地集合・現地解散で実施しています。ただし「現地まで1人で行くのが不安。」という人のために、プログラムリーダーの乗る飛行機に搭乗して、一緒に現地の集合場所まで渡航することができるようになっています。
※ミャンマースタディキャンプのみ成田空港集合解散となっています。

この春に実施されるマレーシアワークキャンプマレーシアスタディツアーでは、エアアジアをリーダー搭乗便として利用しています。

エアアジアは昨年末に起こった事故が日本でもニュースにもなっており、これに関してご存知の方もいることかと思います。当団体でも事故に関して情報を集めたところ、事故の起こった空路(ジャワ海付近)は年末から2月にかけた時期は大きな積乱雲が発生しやすく、進路の変更なども少なくない空路だそうです。こうした天候の乱れに加え、この空路(インドネシア〜シンガポール間)は航空需要が拡大し、フライトが過密化していることも事故の原因のひとつという見解もあがっています。

一方で、CFFのプログラムで利用する「羽田〜クアラルンプール〜コタキナバル間」は上記の空路とは異なっており、こちらの空路では過去に大きな事故は起こっておりません。こうした状況から、CFFでは予定通りにマレーシアでのワークキキャンプ・スタディツアーではエアアジアをリーダー搭乗便として利用いたします(尚、エアアジア以外の航空会社を利用して現地に行くことも可能です)。

リーダー搭乗便に関することや、プログラムに関することでご質問などありましたらいつでも下記CFF事務局までご連絡ください。

NPO法人CFFジャパン事務局
03-5960-4602 / info@cffjapan.org

【北海道・札幌】海外ボランティア説明会開催情報(終了しました)

説明会

2015年1月16日

北海道での説明会は全て終了いたしました。今シーズンもたくさんの方に足をお運びいただきました。ありがとうございます。

今後、説明会を開催する場合こちらのホームページでお伝えいたします。また過去プログラム参加者から、個別で説明をすることも可能ですので、希望される方はNPO法人CFFジャパン事務局まで気軽に、ご連絡ください。

NPO法人CFFジャパン
E-mail:info@cffjapan.org
電話:03-5960-4602

ーーー

CFFのワークキャンプやスタディツアーは、全国各地からご参加いただいています。 以下は、北海道地域に住む参加経験者が、写真を交えて自分の海外ボランティア体験談や現地でプログラムについてお話します。

CFFってどんな団体?現地でどんなことをするの?海外ボランティアって役に立ってるの?治安とか病気とか海外だから不安だけど、大丈夫?質問タイムもとるので、こんな不安や疑問をどんどん解消してください!まずは、気軽に参加してくださいね。


1月23日(金)18時00分〜20時00分

場所:札幌エルプラザ・男女共同参画センター 4階 多目的フリースペース
JR札幌駅北口より徒歩5分)
地図:http://www.danjyo.sl-plaza.jp/access/



・お申込みは下記のフォームに記入して簡単に申込むことができます。
・CFF事務局 info@cffjapan.orgに直接申込むことも可能です。スマホ以外の携帯を利用している方はフォームが表示されないので、メールでお申込みください。
・保護者の方も大歓迎、途中入退場OKです。参加費はかかりません。
・説明会に参加できないけど、詳しく話を聞きたい方はCFF事務局までお問い合わせください。個別に対応いたします。

─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://cffjapan.org
─────────────────────────

     


続きを見る

【ご報告】年末寄付キャンペーンへのご支援、どうもありがとうございました!

お知らせ

2015年1月13日

11月よりみなさまにお願いしていました、『CFFフィリピン・マレーシア「子どもの家」年末寄付キャンペーン』。
(詳細:http://www.cffjapan.org/blog/news/cffcff.html
昨年12月31日をもって終了しましたので、ここに感謝をもって報告させていただきます!

***『CFFフィリピン・マレーシア「子どもの家」年末寄付キャンペーン』***

ご支援件数:56件
ご支援総額:68万1462円
(内、使途限定寄付:フィリピンー11万3000円、マレーシアー19万1000円)

ご支援の中には、1クリックがCFFへの支援へつながるgooddo応援クリックポイント(http://gooddo.jp/gd/group/cffj/?md=fb)からのご寄付なども含まれています。

ご支援頂いたみなさま、本当にどうもありがとうございました。
フィリピン・マレーシアからも、「Truly appriciate for all supporters!(ご支援者に心から感謝しています!)」
「この寄付で助けられることは間違いありません」と、感謝の声が届いています。


頂いたご寄付は、
CFFフィリピンでは「10年使っていた車Revoの老朽化による『車買い替え』」のため、
CFFマレーシアでは、「子どもの家」メインハウスの『食事作りの環境整備』のため、
今月末・来月始めにそれぞれ送金させていただきます。

また、ご寄付いただいた方には後日改めて、購入後現地からの報告書をお送り致します。

***

多くのNGO・NPOが寄付集めに苦労し、クラウドファンディングや様々な形での寄付を呼びかけている中、その例外でないCFFも、今回はメーリングリストやフェイスブックだけでの呼びかけだけでこのようにご支援が集まったことに、共に歩んでくださっていることを実感し、励まされました。

今後も、現地の子どもたちの成長を共に温かく見守って頂ければ幸いです。

思いを寄せてくださった方、関わってくださった全ての皆さまに、改めてお礼申し上げます。心から、どうもありがとうございました。

CFF事務局・理事一同

1月10日(土)説明会の時間変更のお詫び(国立オリンピック記念青少年総合センター)

ニュース

2015年1月10日

2014年12月22日〜2015年1月9日までに資料請求を頂いた方へ

本日、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催のCFF海外ボランティアプログラム説明会ですが、上記期間で資料請求をされた方に同封させて頂いた説明会情報のチラシに、一部誤りがございました。

誤:1月10日(土)18:30〜20:00
正:1月10日(土)13:30〜15:00

チラシをご覧になって18時半からの説明会にお越し頂いた方には、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。


本日しか予定が空いていなかった、という方がいらっしゃいましたら、CFF事務局スタッフが個別で説明をさせて頂くこともできますので、ご連絡頂ければ幸いです。

CFF事務局 03-5960-4602


また、本日以降の説明会は

1月17日(土) 14:00〜15:30(13:45開場)
会場:駒込地域文化創造館(JR駒込駅より徒歩2分)

1月20日(火)19:00-20:30
会場:千葉市民活動支援センター

1月31日(土)14:00-15:30
1月31日(土)18:00-19:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)

となっております。

ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

【報告】2014-15ボルネオ島・年越しワークキャンプを実施しました。

ニュース

2015年1月 8日

みなさま、あけましておめでとうございます。

昨年末の12月29日〜1月2日にかけて4泊5日で、ボルネオ島・年越しワークキャンプを実施しました。

参加者は、日本から社会人5名・学生1名、マレーシア現地から青年1名・そして今年もCFFマレーシア「子どもの家」の子どもたちがキャンパーとして5名参加しました。参加者総勢12名、大人から子どもまで様々年代の参加者が集いひとつの『ファミリー』としてキャンプを実施しました。

ボランティアワークでは、CFFマレーシア「子どもの家」メインハウス(建設中)前の土地を掘り起こし、平坦にしました。
雨も降り、泥状になった土を運ぶのは大変な作業でしたが、みんなで協力しあい、無事に目標の場所まで達成することができました。

10896848_614774985295070_9186372840035133496_n.jpg普段のワークキャンプでは外から見ているだけの子どもたちも今回は大活躍!

ボランティアワーク以外にも下記のアクティビティを盛りだくさんで実施しました。
▼ミニ・スタディツアー
・不法移民の子ども達への学習支援活動見学
・不法移民集落訪問
・障害者福祉施設見学

▼年末年始アクティビティ
・大晦日に教会訪問
・日本食作り(天ぷらそば、お雑煮、おしるこ)
・けん玉、坊主めくり遊び
・動物園訪問
・ランチパーティatビーチ
・New year's partyでのパフォーマンス発表など

今回のキャンプではマレーシア人の参加者と日本人の参加者が1:1でバディ(ペア)を組み日々の活動を行いました。自分のパートナーのことを思いやり、常にケアの精神で過ごした5日間となりました。素敵な時間を共に過ごし、このキャンプを支えてくださった皆様に感謝します。ありがとうございました。

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ