世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

プログラムの安全な運営について(ミンダナオ島マラウィ市関連情報)

お知らせ

2017年7月 6日

2017年6月頃からTV等でも報道されているようにフィリピン・ミンダナオ島マラウィ市において過激派組織とフィリピン政府軍との間で衝突が起こっています。本件に関して、プログラムの安全な運営に関わる情報をこちらで適宜ご案内いたします。


【訪問先の安全の目安】
 当団体のプログラム実施の安全の目安は、外務省の海外安全ホームページに基づいています。現在、上記ホームページの渡航情報にはマラウィ市のある南ラナオ州及びその周辺地域で、渡航の延期をお勧めする情報が発出されていますが、CFF2017年夏のプログラム行程で訪ねる地域では特に新しい情報は発出されておらず、本件の影響がないと外務省の見解から考えられます。
 ミンダナオ島の一部地域では以前から反政府勢力の影響により危険情報が発出されていました。このミンダナオ島はCFFプログラム行程で訪れるルソン島とは別の島であり、マニラから直線距離で約1000キロ、CFF事業地「子どもの家」からは約1200キロ離れております。
 CFFプログラムの目的地におけるフィリピン・ルソン島の安全対策の目安は長年にわたり変わらず「十分に注意してください」となっております。

スクリーンショット 2017-07-07 17.15.47.png

【現地からの情報】
 プログラムの安全な運営のため、現地法人のCFFフィリピンとも常に現地の最新情報を共有できる体制をとっております。2017年7月現在、現地の情勢は以前と変わらず平穏であり、現地スタッフも普段通りの日常生活を送っています。
 現地スタッフによると、マラウィ市での衝突はミンダナオ島の一部地域でのことであり、それがCFFフィリピンの周辺地域まで影響することは考えられないとのことです。


【情報入手とプログラムの安全な運営】
 プログラムの安全には細心の注意をはらい、引き続き外務省が発出する渡航情報や現地からの情報、提携旅行会社マイチケット、および報道などによる最新情報の入手に努め、プログラムの安全な運営を心がけます。
 安全管理に関する基本方針や対策に関して詳しくはコチラをご覧ください。

またプログラム運営についてご不明な点やご質問などがございましたら、CFF事務局(03−5960−4602 平日10時〜18時)まで、お気軽にお問い合わせください。

NPO法人CFFジャパン事務局
2017年7月6日

【ご報告】CFFジャパン2017年度事業報告会を行いました

ニュース

2017年7月 3日

6月24日にCFFジャパン事業報告会を行いました。
3年前から始めた事業報告会ですが、年々参加いただく人数や層が増えて嬉しい限りです。
お集まりいただいたみなさま、どうもありがとうございました!

当日は2時間という短い時間の中で

・2016年度事業報告
・2017年度事業計画
・CFFサポーター制度経過報告と税制優遇制度のご説明
・現地(フィリピン、マレーシア、ミャンマー)報告

と、盛りだくさんの内容を報告させていただきました。

報告会.jpg

また、初の試みとして、1年間の活動や出来事をフルカラーでご紹介した「年次レポート」も参加者の方へお渡しいたしました。


スクリーンショット 2017-07-03 18.20.53.png
【素敵なデザインは、支援者である場先ご夫妻に協力いただきました!】


2016年度はCFFジャパン設立20周年という記念すべき年。

20周年を記念したイベントの開催や記念誌の発行の他、
この20年でCFFが向き合ってきた「青年」にフォーカスを当て、その特徴や変化などを分析した上で、この先どのような青年を育てていきたいのかを改めて振り返ってきた結果もお伝えしました。


スクリーンショット 2017-07-03 18.42.08.png


このような分析や検討の結果、下記の通り「CFFジャパン 青年育ち合いビジョン」が決定。



青年が、自分や他者を"ケア"する中で育ち合い、

世界・社会の問題を自分ごととしてとらえ、

その解決の担い手となる。


今後は、従来から当団体が得意としてきた「自身や他者と向き合い"ケア"する」場のみならず、青年が社会活動の実践の中で育つことも重視し、「社会問題解決の担い手として活動を経験できる場」も強化していきたいと考えています。


また、今回の事業報告会では昨年度に比べて現地報告の時間も充実!
フィリピン・マレーシア・ミャンマーの子どもたちの様子や
各国CFFの取り組みもそれぞれ報告いたしました。

9_寄付キャンペーン.JPG【年末に実施した寄付キャンペーンで購入できたCFFマレーシアの農業用トラック】


スクリーンショット 2017-07-03 18.55.23.png【これまでのチャイルドケア寄付によって実現CFFフィリピンの図書室の様子】


スクリーンショット 2017-07-03 19.00.49.png【協働団体であるミャンマー"Sharing Love"の活動紹介】


参加された方からは、

「表面的にしか知らなかった事業の詳細を知ることができ、益々応援したくなった」

「青年の内面的な成長を促すプログラムに感動し、このような青年が育つために自分にできることを考えるようになった。」

など、嬉しいご感想もいただきました。


今回含め、これまでは会員・寄付者の方に限定して行っていた報告会ですが、
より多くの方に事業へのご理解をいただけるよう、
来年は一般の方にも参加いただけるような事業報告会にしようと考えております。


2016年度もみなさまの支えと温かなお気持ちがあってこそ、歩みを進めてこれました。
本当に、ありがとうございました。
21年目を迎えたCFFも、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


報告会2.jpg

【ご報告】2016年度事業報告・決算

お知らせ

2017年7月 3日

2016年度(2016年5月〜2017年4月)のCFFジャパンの事業報告書と決算書を掲載しました。
2016年度もたくさんのご支援・ご協力、活動へのご参加、本当にありがとうございました。
2016年度事業報告書.pdf
2016年度活動計算書.pdf
2016年度貸借対照表.pdf

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ