世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【ご報告】ありがとう!CFFマレーシア「子どもの家」寄付キャンペーン終了。

御礼

2011年7月20日

みなさま

6月19日より開始したCFFマレーシア「子どもの家」建設のための「あの子が帰る家を創ろう」寄付キャンペーンが、7月18日をもって無事終了いたしました。
おかげさまで、合計で1,940,098円(137件)のご寄付をいただくことができました(7/20現在)。
(キャンペーン特設サイトはこちら http://sin-masaki.com/cff.html )

 ご自身・ご家族のためにと貯めておいたたくさんの資金を振り込んでくださった方、
 少ないけど・・とお財布から取り出し、ご寄付くださった方、
 フリーマーケットやイベントを自主企画し、資金を集めてくださった方、
 自分が寄付するだけでなく、友人・知人に声をかけ寄付を集めてくださった方、 
 お金でなくとも様々なかたちでこのキャンペーンを応援してくださったみなさま、
 それぞれの関わり方でご参加いただいたこの1ヶ月間。

たとえ、小さな働き、どんな額だとしても、それぞれ汗を流して創ったちからやお金は量や額には関係なく、とてもとても価値があるものと思います。
そんなたくさんの人たちがちからや想いを分かち合って創った「子どもの家」。
このことが、これから入所してくる子どもたちにとって、どんなメッセージになるでしょう。

また、今回のキャンペーン期間中、お声かけさせていただいた多くの方より、「こうしてCFFの「子どもの家」づくりに参加する機会をくれてありがとう!」という声をいただきました。その多くがCFFのワークキャンプ/スタディツアーに参加した人たちでしたが、かつて現地で分かち合った「子どもたちの未来のために一緒に「家」を創ろう!」というあの気持ちをもう一度ここで共有できたこと、とてもうれしく感じました。

あらためて、この「あの子が帰る家を創ろう」寄付キャンペーンに関わってくださったすべてのみなさま、また、今回は関われなかったけれど見守ってくださった多くのみなさまに対し、心より御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。
 
この秋、いよいよ子どもたちが入所してCFFマレーシア「子どもの家」運営が本格的にスタートします。環境・経済・福祉の3側面から「持続可能な運営」を目指す「家」
は、きっと将来何世代にも渡って子どもたちの夢を創り続けるものになるでしょう。
それは僕たちの夢でもあります。

「あの子が帰る家」は、「僕たちの還る家」でもあります。

こうして関わってくださったすべてのみなさんの「家」です。 
いつでも帰れる時を望みながら、これからもいっしょにCFFの「子どもの家」を創っていけることを願ってます。

CFFマレーシア応援団
NPO法人CFFジャパン事務局長 渡辺正幸


なお、キャンペーン終了後も寄付は大歓迎です!2012年までで390万円が必要です。
引き続き、ご協力おねがいします!
インターネット・クレジットカードを使って今すぐ寄付できます! http://bit.ly/kt4Ziq より。

─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ