世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【2018年夏、海外ボランティアプログラム申し込み残席状況】

ニュース

2018年7月17日

2018年夏の海外ボランティアプログラムの残席状況です。随時更新していきます。
資料請求がまだの方はこちらから!http://www.cffjapan.org/request/


◆2018夏海外ボランティアプログラム 申込残席数 (7月17日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎フィリピン ワークキャンプ
第111回(8/6~8/17):残り1席です!
第112回(8/24~9/4):満席になりました!たくさんのお申し込みありがとうございます。今後のお申し込みはキャンセル待ちとなります。
第113回(9/8〜9/19):残り4席です!

◎フィリピン スタディツアー
第36回(8/14~8/22):残り1席です!

◎マレーシア・ボルネオ島 ワークキャンプ
第51回(8/6~8/17):残りわずかです!
第52回(8/21~9/1):残り4席です!
第53回(9/10〜9/21):残り7席です!

◎マレーシア・ボルネオ島 スタディツアー
第21回(8/30~9/7):残り7席です!

◎ミャンマー スタディツアー
第2回(9/13〜9/19):残り1席です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人CFFジャパン
info@cffjapan.org

03-5960-4602



わからないことや疑問のある方は遠慮なくCFF事務局の田代まで
お問い合わせくださいね。ご連絡、お申し込み、心よりお待ちしています!

1463535836120.jpg

【プログラム決定!】2018年夏ミャンマースタディツアー!

ニュース

2018年5月26日

みなさま

お待たせしました!2018年夏に開催するミャンマープログラムの詳細が決定しました!

【開催プログラム詳細】
●第2回 ミャンマースタディツアー
●日程 2018年9月13日〜9月19日(7日間)
●参加費 10万8000円
●申し込み締め切り 7月31日(火)

ミャンマープログラムの特設ページはこちら

プログラムの詳細が気になる方はぜひ資料請求してくださいね♪
資料請求はこちら!

何かわからないことや質問がありましたら、
いつでもCFFジャパン事務局までお問い合わせくださいね。
info@cffjapan.org
03-5960-4602

たくさんの方の応募、お待ちしておいます!

【日程決定!】2018年夏 CFF海外ボランティアプログラム!

ニュース

2018年4月23日

みなさま

お待たせしました!2018年夏に開催するCFFの海外ボランティアプログラムの日程が決定しましたので、お知らせいたします。

次の夏もたくさんのお申込み、お待ちしております!

◎資料請求(無料)の請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/
(現在資料請求予約を受け付けています。資料発送は来週開始の予定です。)


──────────────────────────────────
2018年夏CFF海外ボランティア・プログラム日程
──────────────────────────────────
CFFフィリピン・ワークキャンプ(各12日間)
第111回:8月6日(月)~8月17日(金)
第112回:8月24日(金)~9月4日(火)
第113回:9月8日(土)~9月19日(水)

CFFフィリピン・スタディツアー(9日間)
第36回:8月14日(火)~8月22日(水)

CFFマレーシア・ワークキャンプ(各12日間)
第51回 8月6日(月)~8月17日(金)
第52回 8月21日(火)~9月1日(土)
第53回 9月10日(月)~9月21日(金)

CFFマレーシア・スタディツアー(9日間)
第21回 8月30日(木)~9月7日(金)


何かわからないことや聞きたいことなどありましたら、
いつでもCFFジャパン事務局までお問い合わせくださいね。
info@cffjapan.org
電話:03-5960-4602


2018年夏、海外ボランティアへ踏みだそう!

【受付中】2018年夏プログラム資料請求!

ニュース

2018年3月16日

2018年春のCFF海外ボランティアプログラムにご関心を寄せてくださったみなさん、ありがとうございました。
次回シーズン、2018年夏プログラムの資料請求予約も開始しました!

今回のシーズンに残念ながら参加できなかったみなさんも、初めてCFFや海外ボランティアの情報にふれた方も、まずは資料請求(無料)からお願いいたします!資料は4月下旬以降随時発送いたします!

◎資料請求はこちらから→ http://www.cffjapan.org/request/ 

何かわからないことなどあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。
みなさまからの資料請求のご予約、お待ちしております!

─────────────────────────
(特活)CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

NGO海外ボランティア合同説明会開催!

ニュース

2018年3月 8日

【全国スタディツアーフェスタ2018-NGO海外ボランティア合同説明会!-】
5月29日(火)青山学院大学青山キャンパスで開催!

夏休みに海外ボランティアプログラムを開催するNGOと旅行会社、全15団体が集合し説明会を実施します。都内で一度に色々な団体から話を聞けるのはこの日だけ!

「海外に行ったことないけど、行ってみたい!」
「ツアーとか、ボランティアとか色々あってどれが良いかわからない。」
「海外ボランティアってどんなことするの?」
「新しい経験をして自分を変えたい!成長させたい!」
「大学生活もの足りない。もっと刺激が欲しい。」
「この夏休み予定がないから、なにかしたい!」

そんな人に是非参加して欲しいイベントです。夏休みに海外へ踏み出す第一歩として、まずは気軽に合同説明会へご参加ください。

◎ 日時:5月29日(火)15時〜19時
入退場自由なので、15分だけでもお越しください。

◎ 会場:青山学院大学青山キャンパス17号館1階学生食堂(イチナナ)
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html#anchor_01

◎実施内容
海外で様々な活動を実施しているNGOと旅行会社が夏休みに実施するプログラムの説明をブース出展形式で行います。

◎ お問い合わせ
NPO法人地球の友と歩む会(米山)
life@earth-ngo.jp 03-3261-7855
共催:青山学院大学ボランティアセンター、スタディツアー研究会
chirashi_gousetsu2018_gazou.jpg

CFFミャンマー応援寄付キャンペーン!

ニュース

2018年1月17日

2017年ミャンマーの人たちが主体として運営する現地の組織「CFFミャンマー」が誕生しました。

そして現在、CFFジャパンでは歩き始めたばかりのCFFミャンマーを応援するための寄付キャンペーンを実施しています。

みなさまからいただいたご寄付は、2018年3月に開催される第1回ミャンマーワークキャンプに必要な資材や用具等購入のために現地に送らせていただきます。

はじまったばかりのCFFミャンマー。ワークキャンプも0から作っていくため、まだまだたくさんのものが必要です。みなさんからのご寄付が必ず現地の活動の力になりますし、たくさんの方からのご寄付がきっとミャンマーの人たちの力になるはずです。

小さな額でも構いませんのでより多くの方からご寄付いただければ幸いです。ご協力是非よろしくお願いいたします。

ーーー
◼︎ CFFミャンマー応援寄付キャンペーン!!

●期間:2018 年1 月15 日(月)~2 月28 日(水)
●寄付の用途:第1 回ミャンマーワークキャンプの資材・用具等購入のため
●ご寄付の方法 :
(1)クレジットカード決済 (VISA、MASTER)
下記URLをクリックして特設ページにアクセスしてください。
https://cff-myanmar-photo-album.jimdo.com/cffミャンマー応援寄付キャンペーン/

(2)銀行(コンビニATMからでも)
三菱東京UFJ銀行 大塚支店 普通口座
口座番号:0075965 特定非営利活動法人 CFFジャパン
※お名前の頭に「ミャンマー」と付けてください。

(3)郵便局(ゆうちょ銀行) 振替用紙に以下を記入して振込
郵便振替00510-1-2968 特定非営利活動法人CFFジャパン
※「ミャンマー」と通信欄にご記入ください。
ーーー
0001myanmar.jpg

NPO法人CFFジャパン事務局一同

2017年度、順天高等学校フィリピンフィールドワーク実施

ニュース

2017年12月19日

CFFは文部科学省の取り組みであるスーパーグローバルハイスクール事業(以下SGH)の指定校として選定された順天高等学校の協働組織としてフィリピンフィールドワークを実施しており、今年度で4年目となりました。

フィールドワークは9月25日〜10月2日の8日間で実施。研究テーマに沿った現地調査と、農村コミュニティの子どもたちに向けて行う手洗いワークショップ(実践活動)の2つをメインにプログラムを行いました。

生徒たちの研究テーマは以下7テーマ。この研究テーマに沿って現地で調査を行ってきました。

・教育のあり方から考える子どもたちの将来
・手洗いで病気を予防
・デング熱対策フィリピンとタイと日本の比較から
・雇用主と求職者のミスマッチングの解消
・フィリピンにおける英語教育
・フィリピンからの海外出稼ぎ労働者の実態

参加者は順天高等学校の生徒10名に加えて、順天高校の関係校であるカナダのSt.Michaels Univercity Schoolからも高校生1名と教員1名が参加し、国際色豊かなプログラムとなりました。

またフィールドワーク出発前には派遣前研修を実施。別途、現地調査に向けて研究テーマについての個別面談も実施しました。
DSCN7628-1024x768.jpg

DSCN7635.jpg派遣前研修の様子


Photo_180131_0016.jpgフィリピフィールドワークの様子 スラム訪問・住民へのインタビュー


180131_0050.jpgゴミ集積場訪問・スカベンジャー(再利用可能なゴミを拾い集めて生計をたてる人たち)や管理者へインタビューを実施


DSC01123 (1).JPG地元の高校で生徒とのディスカッション テーマは「子どもたちの将来における教育の重要性」


DSC01240.JPG地方農村コミュニティでのホームステイ(1泊2日)


2017 Philippine trip_180130_0110.jpg地方農村コミュニティでの子どもたちに向けた手洗いワークショップの実施。地元の高校生と協働で行いました。


2017 Philippine trip_180130_0103.jpgたくさんの子どもたちが参加してくれました。今年手洗いワークショップの実施は4年連続。年々質も内容もレベルアップしていることと、毎年継続して実施できています。


他にも病院、職業訓練所(縫製と溶接)への訪問・インタビュー、会社経営者へのインタビューなどを行いました。

帰国後には学内での学習成果発表会や研究発表会などで、現地での調査や活動の様子をポスターやプレゼンにまとめ発表しています。

@立教①.jpg立教大学での研究発表会の様子


@立教4.jpgプレゼン部門で銀賞を受賞しました!テーマは「Future of children in Philippines from the view of their education」英語でのプレゼンでした!


SGHは5年間の事業で、2018年度が最終年度になります。4年間で順天高校とともに試行錯誤し協働してきたものを形にし、今後も学内で生かしていけるような国際人材育成の仕組みづくりに少しでも貢献していければと思っています。

【応募受付中!】旅行費用補助制度

ニュース

2017年10月29日

応募受付中!!
「世界へ飛び出せ!かえるファンド」CFF海外ボランティア旅行費用補助制度!

経済面や家庭の状況等を要件とする奨学金を受給中の方に、10,000円のCFF海外ボランティアプログラム旅行費用補助金を支給いたします。

本制度は、海外に一歩踏み出すきっかけをより多くの人に提供したいという思いから開始いたしました。応募要件に該当する方は是非ご活用ください!

応募はこちら→https://goo.gl/39qqP1

【応募要件】
以下の1)2)をいずれも満たしつつ、上記の対象プログラムへの参加を希望すること。

1)本制度への応募時点で、大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、高等学校(中等教育学校後期課程及び特別支援学校高等部を含む)、専修学校のいずれかに在学していること。
2)本制度への応募時点で、上記の学校に通うために、経済面等、家庭の状況を要件とする奨学金を受給中であることを書類により証明できること。

※ここでいう奨学金とは、日本学生支援機構(JASSO)などの奨学金事業団体、学校、地方自治体などによるもので、給付型でも貸与型でもかまいません。

【応募期間】
2017年10月〜各プログラム出発1週間前まで

【応募方法】
①「CFF海外ワークキャンプ/スタディツアー申込用紙」に必要事項を記入し、株式会社マイチケットに送付。(既に申し込みを済ませた方は直接2へ)

② 下記QRコードから「旅行費用補助応募フォーム」にアクセスし、応募を行う。
応募はこちら→https://goo.gl/39qqP1

③ 奨学金を受給中であることを証明する書類のコピー※を、CFFジャパン事務局まで送付する。郵送、FAX、メール(書類のスキャンデータもしくは写真)のいずれでもかまいません。※写真の場合は文字などが鮮明に写るようにご注意ください。

※「奨学金を受給中であることを証明する書類」とは?
 奨学金を給付・貸与している団体が発行する証明書が望ましいです。日本学生支援機構(JASSO)の場合、奨学生証や決定通知書などの写しをお送りください。書類に不備がある場合は再送付をお願いすることや、補助が不可となることがあります。
 応募者が、現在も経済的または家庭的な事情により奨学金を受給中であることが書類により確認できれば、旅行費用の補助を決定します。

本制度に関してわからないことなどありましたらCFF石井まで、気軽にお問い合せください。

CFFジャパン石井
03-5960−4602 info@cffjapa.org

本制度に関する詳細、本制度は下記からダウンロードできます。
CFF海外ボランティア旅行費用補助制度応募要項ダウンロード

【ご報告】CFFジャパン2017年度事業報告会を行いました

ニュース

2017年7月 3日

6月24日にCFFジャパン事業報告会を行いました。
3年前から始めた事業報告会ですが、年々参加いただく人数や層が増えて嬉しい限りです。
お集まりいただいたみなさま、どうもありがとうございました!

当日は2時間という短い時間の中で

・2016年度事業報告
・2017年度事業計画
・CFFサポーター制度経過報告と税制優遇制度のご説明
・現地(フィリピン、マレーシア、ミャンマー)報告

と、盛りだくさんの内容を報告させていただきました。

報告会.jpg

また、初の試みとして、1年間の活動や出来事をフルカラーでご紹介した「年次レポート」も参加者の方へお渡しいたしました。


スクリーンショット 2017-07-03 18.20.53.png
【素敵なデザインは、支援者である場先ご夫妻に協力いただきました!】


2016年度はCFFジャパン設立20周年という記念すべき年。

20周年を記念したイベントの開催や記念誌の発行の他、
この20年でCFFが向き合ってきた「青年」にフォーカスを当て、その特徴や変化などを分析した上で、この先どのような青年を育てていきたいのかを改めて振り返ってきた結果もお伝えしました。


スクリーンショット 2017-07-03 18.42.08.png


このような分析や検討の結果、下記の通り「CFFジャパン 青年育ち合いビジョン」が決定。



青年が、自分や他者を"ケア"する中で育ち合い、

世界・社会の問題を自分ごととしてとらえ、

その解決の担い手となる。


今後は、従来から当団体が得意としてきた「自身や他者と向き合い"ケア"する」場のみならず、青年が社会活動の実践の中で育つことも重視し、「社会問題解決の担い手として活動を経験できる場」も強化していきたいと考えています。


また、今回の事業報告会では昨年度に比べて現地報告の時間も充実!
フィリピン・マレーシア・ミャンマーの子どもたちの様子や
各国CFFの取り組みもそれぞれ報告いたしました。

9_寄付キャンペーン.JPG【年末に実施した寄付キャンペーンで購入できたCFFマレーシアの農業用トラック】


スクリーンショット 2017-07-03 18.55.23.png【これまでのチャイルドケア寄付によって実現CFFフィリピンの図書室の様子】


スクリーンショット 2017-07-03 19.00.49.png【協働団体であるミャンマー"Sharing Love"の活動紹介】


参加された方からは、

「表面的にしか知らなかった事業の詳細を知ることができ、益々応援したくなった」

「青年の内面的な成長を促すプログラムに感動し、このような青年が育つために自分にできることを考えるようになった。」

など、嬉しいご感想もいただきました。


今回含め、これまでは会員・寄付者の方に限定して行っていた報告会ですが、
より多くの方に事業へのご理解をいただけるよう、
来年は一般の方にも参加いただけるような事業報告会にしようと考えております。


2016年度もみなさまの支えと温かなお気持ちがあってこそ、歩みを進めてこれました。
本当に、ありがとうございました。
21年目を迎えたCFFも、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


報告会2.jpg

【6月7日(水)都内開催】全国NGO海外ボランティア合同説明会!

ニュース

2017年5月17日

「全国NGOスタディツアーフェスタ2017・海外ボランティア合同説明会」

海外をフィールドにスタディツアー・ボランティアプログラムを実施しているNGOと旅行会社、全15団体が集合します。
都内で一度に色々な団体から話を聞けるのはこの機会だけ。

「海外に行ったことないけど、行ってみたい!」
「海外ボランティアに興味がある。」
「貧困の現実を知りたい。」
「海外の子どものためになにかしたい。」
「自分を変えたい!成長させたい!」
「大学生活もの足りない。もっと刺激が欲しい。」
「この夏休み、なんかしたい!」

夏休みに踏み出す第一歩、まずはここから。気軽に、ご参加くださいね!

【開催概要】
◎ 日時:6月7日(水)15時〜18時
参加費無料/申込不要/入場自由
​◎ 会場:青山学院大学青山キャンパス17号館1階学生食堂(イチナナ)
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html#anchor_01
「渋谷駅」から徒歩10分
「表参道駅」から徒歩5分

◎ポイント
1、貧困、環境、子ども...様々な分野で活躍してる団体が実施するツアーの具体的な内容や体験談が聞けます!
2、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、インド、インドネシア、タイ、スリランカ...などなど各団体が実施する様々な国の話が聞けます!アフリカ、中南米も!

スクリーンショット 2017-05-16 22.15.05.png

​◎ 参加予定団体
・ICYE JAPAN
・青山学院大学VC
・ACTION
・アーシャ=アジアの農民と歩む会
・開発メディアGanas
・Good!
・CFFジャパン
・ツナミクラフト
・日本国際飢餓対策機構
・HERO
・HOPEハロハロオアシス
・LOOB JAPAN
・(株)風カルチャー・クラブ
・(株)ピースインツアー
・(株)マイチケット

​◎ お問い合わせ
NPO法人CFFジャパン(石井)
info@cffjapan.org 03-5960-4602

共催:青山学院大学ボランティアセンター、スタディツアー研究会、NPO法人CFFジャパン
後援:なんとかしなきゃ!プロジェクト

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ