世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

順天高等学校協働プログラム実施中

ニュース

2016年12月27日

「高等学校におけるグローバル・リーダー育成」を目的とした文部科学省の取り組みであるスーパーグローバルハイスクール事業(以下SGH)。
CFFは2014年度から、そのSGHの指定校として選定された順天高等学校の協働組織としてフィリピンフィールドワークを実施しています。

今年のフィールドワーク9月21日〜28日に実施。「テーマ研究のための実地調査」「現地の高校生との協働で創り上げる実践活動」の2つをメインとしてプログラムを行いました。

参加した生徒は高校2年生11名と高校1年生2名。生徒たちはそれぞれ個人もしくはグループで自らテーマを設定しています。
・フィリピンにおける性教育
・歴史教育と平和教育
・スーパーフード、モリンガ
・多国籍企業と一次産業
・教育における3T不足(特に教員不足に関して)
・公衆衛生(うがい、手洗い)
・フェアトレード
以上7テーマ。

事前研修では、参加者同士で自身の思いや考えを交換する時間を設け、現地での活動の動機付け、また実践活動の計画立案、面談を通した現地でのテーマに沿った調査の準備を行いました。
スクリーンショット 2016-12-27 16.50.03.png面談の様子

スクリーンショット 2016-12-27 16.49.25.png

スクリーンショット 2016-12-27 16.51.04.png事前研修の様子

フィリピンに渡ってからはそれぞれのテーマに沿ったインタビューやアンケートなどをを実施。

実践活動では、地元の高校生と協力して子どもたちに向けた公衆衛生ワークショップ(手洗い歌とうがいの紙芝居)などを行いました。

8943.jpgスラム住民へのインタビュー

672.jpgゴミ捨て場訪問

6419.jpg公立高校での生徒へのインタビュー

4935.jpg地元の高校生と協力して、公衆衛生ワークショップ(紙芝居)

1010.jpgみんなでうがいの実践!フィリピンではうがいをすること自体がはじめての子もいました。


帰国後はアウトプットの場として学内での成果発表会、筑波大学で実施された研究発表会などに参加しました。
また12月17日に実施された立教大学でのポスター発表では、「わたしたちの考える性教育」と題してフィリピンにおける性教育のあるべき姿を考えた生徒たちが銀賞を受賞しました。

彼女たちはフィリピンの貧困を引き起こすひとつの要因が若年層の妊娠・出産がひとつの要因と捉え、絵本を通した性教育などを企画しています。

他にもモリンガの研究をしている生徒がNGOや企業からの協力を受け商品の開発や情報発信を進めていたり、フェアトレードをテーマにしている生徒が学内で商品販売の企画をしたり、現地での研究テーマを帰国後少しずつ形にしていっています。

今年は現地に行って終わりでなく、帰国後も主体的に取組むことができていることはなによりの成果だと感じています。

立教発表会12.17_3572.jpgのサムネール画像ポスター発表に向けた準備

立教発表会12.17_8070.jpg直前リハーサル@CFFオフィス

立教発表会12.17_6364.jpg研究発表会・ポスター発表の様子

立教発表会12.17_7790.jpg銀賞を受賞

勉強に部活に忙しい高校生たちですが、その合間を縫って互いに協力し現地での学びを形にする姿に私たちもとても刺激なっていますし、彼女たちの姿勢から学ぶことが多くあります。また青年育成という枠組みにおいてはCFFが、教育の現場に立ち続ける先生方から得られるものも大変有意義だと感じています。

今後も順天高校と連携することで、生徒たちの持つ力を活かし、より良い活動を産み出していければと思っています。

順天高等学校フィリピン・フィールドワーク実施しました

ニュース

2015年12月 1日

高等学校におけるグローバル・リーダー育成を目的とした文部科学省の取り組みであるスーパーグローバルハイスクール(以下SGH)事業。そのSGHの指定校として選定された順天高等学校と協働をしてCFFは事業を行っています。

2015年9月28日〜10月5日には第1回目のフィリピンフィールドワークを実施。参加者は高校2年生10名と高校1年生2名、教員4名とカナダの提携校から1名教員が参加し、全17名が参加しました。

今回のフィールドワークは
・テーマ研究のための調査
・自分たちの手で創り上げる実践活動
の2本柱でプログラムを実施しました。

テーマ研究のための調査では、高校2年生10名がひとり1テーマを持ち、そのテーマに沿った調査をフィリピンで行いました。テーマは公衆衛生、高校生の国際貢献への意識、貧困に対するNGOの働き、出稼ぎ事情、フェアトレード、フィリピン人の家族観...などさまざま。
生徒達は出国前も大学の先生の協力を得たり、グループ面談(クリックすると順天高校のホームページに飛びます)を実施しながら調査のための準備を進めました。
DSC02965.JPGスラム(都市貧困コミュニティ)での家庭訪問時のインタビュー

P9309553.jpg私立高校にて、交流のあとに高校生達へインタビュー:現地の高校生は積極的で逆に間髪入れずに質問攻めに合い、用意していた質問がなかなか聞けないことも...そんな難しさも現地フィールドワークの学びでした。

PA030538.jpg村の子どもたちへ公衆衛生に関するアンケート:子どもたちは周りの意見に流される流されるで、こちらも苦労しながらのアンケートでした。

実践活動では、日本で現地の環境や子どもたちのことを考えて活動のアイディア出しをするところからはじめ計画、実践までを参加生徒が主体的に行いました。

今回実施したのは
・交流活動:日本の遊び
・お絵描きワークショップ「あなたの夢は?大切なものは?」
・手洗い歌ワークショップ
の3つの活動をCFF「子どもの家」の周辺コミュニティで小学生の子どもたちを対象に実施しました。活動はコミュニティの高校生と協働で実施しました。活動前から一緒に事前に打ち合わせも行い、活動中は英語からタガログ語への通訳や参加した子どもたちをまとめあげる役割など現地の高校生たちに果たしてもらい価値ある協働の時間でした。

PA030234.jpg現地の高校生との事前の打ち合わせ:英語でコミュニケーションとりながら、意見交換をしました。笑顔溢れる時間でした。

PA030300.jpg椅子取りゲーム

PA030427.jpgお絵描きワークショップ:「夢や大切なものを描く」というテーマで子どもたちに絵を書いてもらいました。子どもたちは一生懸命絵を描いてくれました。

PA030486.jpg

PA030520.jpg手洗い歌ワークショップ:手洗いの重要性を伝えながら、タガログ語の手洗い歌を歌いながらみんなで手洗をしました。子どもたちは楽しそうに歌いながら手洗をしてくれました。

プログラムに参加した生徒たちは自身のテーマ研究を深めたのはもちろん、フィリピンの人たちの家族を大切にする思いや貧しくても豊かに生きる価値観と出会い、自身の人生とっても価値ある学びを得たようでした。

帰国後は今回の調査をもとに論文の作成や報告会の実施、ポスターセッションなど、アウトプットにも力を入れています。

【2年目に入りました】SGH指定校順天高校フィリピンフィールドワーク

ニュース

2015年8月 4日

2014年度から文部科学省が開始した「スーパーグローバルハイスクール」の指定校である順天高校との協働プログラムが2年目に入りました。

今年は9月28日〜10月5日にフィリピン・フィールドワークが開催され、高校2年生と1年生合わせて12名がフィリピンに渡ります。

昨年12月に生徒3名の参加で実施したプレ派遣はスタディツアー的な要素が強かったですが、今年のフィールドワークは生徒それぞれが課題テーマを持ち現地でのインタビューを主とした調査を進めます。

また調査に加えて現地で自分たちにできる活動を0から考え行う実践活動も計画しています。すでに7月中に渡航に向け面談を実施し、事前研修を3回実施しました。面談ではそれぞれの課題テーマを詰め、事前研修では海外でのボランティアの価値やリスクについて考えたり、実際に現地で行う実際活動について議論を進めてきました。

※事前研修と面談の様子が順天高校さんのホームページに挙がっています。
第1回研修 http://www.junten.ed.jp/news/?p=11475
第2回研修 http://www.junten.ed.jp/news/?p=11395
第3回研修 http://www.junten.ed.jp/news/?p=11551
面談 http://www.junten.ed.jp/news/?p=11402

生徒たちの多くが初じめてのフィリピンですが昨年の渡航メンバーから得た情報をもとに「私たちの出会いがいつかフィリピンの人たちの力になれば。」という思いで、自分たちの力で活動を考えてきました。

渡航までの残り2ヶ月は活動の準備、調査の準備を進めていきます。高校生たちが自分たちで現地の人たちのことを考え、心を寄せ、活動を生み出し、現地の人たちともに実践する。今年もまた一歩CFFにとって新しい挑戦です。

【開催しました!】第1回フィリピン障がい児親の会 日本スタディツアー

ニュース

2015年8月 4日

経済的に貧しい国は福祉政策が後回しにされる傾向があり、その中でも特に障がい者/児に対する取り組みはひどく遅れています。また、そうした国策の影響からか社会の障がい者への理解も遅れていると言わざるを得ない現実があります。

フィリピンの農村では障がいのある子たちは異質な子だという意識が家族の中にはあり、家の中でかくまわれて社会から隠れるように生活しています。また都市に出ても特別支援学級や学校は限られており、障がいのある子どもたちが持つ可能性を育てる環境は乏しいのが現実です。

そうした社会状況の中、CFFフィリピンとCFFジャパンはフィリピン・パンガシナン州ダグーパンの障がい児親の会と協働して、日本でのスタディツアーを6月29日30日の2日間で実施ました。フィリピンからは12名が参加されました。

このスタディツアーでは
ー発達障がいの幼児のための保育園
ー障がい者地域生活支援センター
ー日本の障がい児親の会
ー就労支援施設
ー特例子会社
ー特別支援学校

などを訪問し、障がいを持つ人が幼い頃からどのような環境でどのような教育を受け、どのように社会でその力を発揮していくのか、就職まで歩みを進めていくのかということについて学び、理解を深めました。

特に障がいを持つ人たちへの就労支援の現状や働く現場を訪れました。
IMG_9826.JPG施設の職員さんによるプレゼンテーション

06302015_1.jpg訪問させていただいた企業さんの前で

参加者たちは日本の福祉政策や就労支援の仕組、障がい者教育のあり方とフィリピンの違いに驚きを受けると同時に、自分の子どもたちが社会で働ける可能性とそこに向けた親の会の存在の重要さを強く感じていました。

今回のツアーはこれまで行っていた日本人がフィリピンに訪問することの逆で、フィリピン人が日本にスタディツアーで訪問するという初めての試みでした。終了後に親の会から第2回開催への期待の声もあがり価値のあるプログラムを開催することができたと感じています。

訪問を受け入れていただいた団体、企業のみなさまの協力に心から感謝いたします。

【ご報告】第3回CFFインターナショナルコンベンション開催しました

ニュース

2015年8月 4日

2015年6月26日〜28日の3日間で第3回CFFインターナショナル・コンベンション(国際会議)が開催され、CFFジャパン・フィリピン・マレーシア3つの組織の理事が東京に集いました。

この3日間は国際会議の開催のみに留まらず、様々な取り組みが行われました。
初日の6月26日(金)は児童養護施設 二葉学園さんを訪問させていただき、日本の児童福祉のあり方や施設運営に関して見聞を広めました。

その後の最初の会議では、2013年に開催された第2回CFFインターナショナル・コンベンションから今年までの過去2年間の取り組みに関して、各国のCFF理事/職員よりプレゼンが行われました。
P1030797.JPGのサムネール画像CFFマレーシア副代表理事チン牧師によるプレゼン

2日目の6月27日(土)は午前中に「CFFオープン・フォーラム」を開催。CFFの支援者・会員50名以上の方にご参加いただきフィリピン/マレーシアの理事から現地の活動報告、CFFジャパンのインターンによる活動報告を行いました。
P1030839.JPGCFFフィリピン代表理事ティナ氏から昨年日本から送られた施設の車両購入に対する寄付への感謝が伝えられました。

午後は年に1度のCFFの祭典「CFFフィエスタ2015」に各国理事も参加。フィエスタの中では若手理事によるパネルディスカッションも実施されました。
P1030881.JPG左からCFFマレーシア・サロージャ理事、CFFフィリピン・マイク理事、CFFジャパン・荒木理事によるパネルディスカッション

P1030898.JPG午後に行われた「CFFフィエスタ2015」には約120名の参加者が集いました。イベントはCFFジャパンの青年メンバーを中心に実施され、フィリピンとマレーシアの理事は日本の青年の思いと活躍に感動しっぱなしでした。

3日目は国際会議の中で各国CFFの今後2年間の展望が発表されました。
CFFフィリピンからは若手スタッフトレーニングの強化、老朽化した施設の改修、他組織や企業との連携(ファンドレイジングや入所児童への就職支援)、障がい児支援事業の立ち上げについて

CFFマレーシアからは児童養護施設としてのオペーレーションマニュアルの完成、サステイナブルビジョンの促進について

CFFジャパンからは学校との協働プログラムの強化、これまでのCFFの青少年育成活動をまとめた青少年希望白書の作成、青少年育成分野に関するファンドレイジングの仕組みづくりについて

語られました。それ以外にもCFFインターナショナルの今後についてや3ヶ国の今後の協働のあり方についても議論がされました。

P1030801.JPG会議での質疑応答の様子。

今回のコンベンションでは、今後2年間で3ヶ国のCFFがさらに結束を強くし、それぞれの国でさらなる活動の発展が期待される時間となったと感じています。
IMG_7547.JPG

【新事業実施中】順天高校フィリピンプレ派遣実施しました

ニュース

2015年1月22日

昨年度より、文部科学省が「将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する」ことを目的に「スーパーグローバルハイスクール(以下SGH)」という新しい取り組み開始しました。
そして、CFFはそのSGH指定校として選定された順天高等学校と提携をして事業を開始しています。

その取り組みのひとつとして昨年12月18日〜23日の5泊6日で、フィリピンプレ派遣プログラムを実施しました。このプログラムでは順天高校から1年生3名と教員2がフィリピンへ渡航。

プレとはいえ、フィリピンで高校生達が訪問、交流、活動など短期間で密度の濃い時間となりました。

私立高校でのクリスマスパーティに招待され、ゲームに参加。
DSC00915.JPG

高校生たちと日本とフィリピンの社会状況について議論を交わしました。英語での主張することに四苦八苦しながらもがんばりました。
DSC01006.JPG

都市の貧困地区やゴミ集積場も訪問し、インタビューを実施。
DSC01075.JPG

DSC01047.JPG

またCFF「子どもの家」での子どもたちと"妖怪ウォッチ"
DSC01082.JPG

周辺コミュニティでシチュー作りをして、みんなで食べて、大縄で子どもたちとも交流しました。
DSC01185.JPG

最終日にはJICAのフィリピン事務所も訪問し、国としての取り組みや協力隊の方から自ら答えを探すことの重要性を学びました。

3人の生徒は
「フィリピンにある貧富の差、世界で起きている資本主義の厳しい現実」
「貧しくても、家族がいればそれだけで幸せ。と笑顔でいるフィリピン人たちの心」
「自分たちが当たり前と思っている価値に捕われない、物事の本質を見ることの重要さ。そして、フィリピンで活動するからにはフィリピン人の価値観に立つことの重要さ。」
などを学んだとそれぞれ帰国後に話してくれました。

短い期間でしたがフィリピンの社会、文化、歴史、生活そして人に触れ新しい"気づき"を得ることができ価値ある時間が過ごせたのではないでしょうか。

本事業は今年も継続し、秋には「フィリピンの社会課題解決」に向けた活動を生徒達自身で考え実施する、フィリピン派遣プログラムを予定しています。

【報告】2014-15ボルネオ島・年越しワークキャンプを実施しました。

ニュース

2015年1月 8日

みなさま、あけましておめでとうございます。

昨年末の12月29日〜1月2日にかけて4泊5日で、ボルネオ島・年越しワークキャンプを実施しました。

参加者は、日本から社会人5名・学生1名、マレーシア現地から青年1名・そして今年もCFFマレーシア「子どもの家」の子どもたちがキャンパーとして5名参加しました。参加者総勢12名、大人から子どもまで様々年代の参加者が集いひとつの『ファミリー』としてキャンプを実施しました。

ボランティアワークでは、CFFマレーシア「子どもの家」メインハウス(建設中)前の土地を掘り起こし、平坦にしました。
雨も降り、泥状になった土を運ぶのは大変な作業でしたが、みんなで協力しあい、無事に目標の場所まで達成することができました。

10896848_614774985295070_9186372840035133496_n.jpg普段のワークキャンプでは外から見ているだけの子どもたちも今回は大活躍!

ボランティアワーク以外にも下記のアクティビティを盛りだくさんで実施しました。
▼ミニ・スタディツアー
・不法移民の子ども達への学習支援活動見学
・不法移民集落訪問
・障害者福祉施設見学

▼年末年始アクティビティ
・大晦日に教会訪問
・日本食作り(天ぷらそば、お雑煮、おしるこ)
・けん玉、坊主めくり遊び
・動物園訪問
・ランチパーティatビーチ
・New year's partyでのパフォーマンス発表など

今回のキャンプではマレーシア人の参加者と日本人の参加者が1:1でバディ(ペア)を組み日々の活動を行いました。自分のパートナーのことを思いやり、常にケアの精神で過ごした5日間となりました。素敵な時間を共に過ごし、このキャンプを支えてくださった皆様に感謝します。ありがとうございました。

【新規事業開始】スーパーグローバルハイスクール順天高等学校との提携プログラム

ニュース

2014年11月13日

文部科学省により、2014年度から「将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する」という目的で開始した新しい取り組み「スーパーグローバルハイスクール(以下SGH)」がはじまりました。
SGHホームページ http://www.sghc.jp/

公募した全国246校の中から56校をSGH指定校として文部科学省が選抜。指定校となった学校は5年間文部科学省の支援を受けながら、国際社会で活躍できるリーダーを育成できる教育プログラムの構築・実施に取組みます。

そして、CFFはSGH指定校のひとつである順天高等学校と、提携して行う事業を今年度より開始いたしました。順天高等学校では「グローバル社会で主体的に活躍する人材育成」を果たすためSGH事業に取組んでおり、特にCFFは現場(フィリピン)でのフィールドワークを担当し、学校と協働します。

具体的には高校生がフィリピンに足を運び、フィリピンの現状を理解し、その中で自分たちに取組む事のできる課題解決を発見し、実際に形にしていくというものです。

すでに10月には順天高等学校の教員2名が、視察としてフィリピンを訪れました。視察では、教会、貧困地域、ゴミ集積場、小学校の他、社会福祉局や教育省なども訪問し、安全確認に留まらずフィリピンへの理解を深めました。
image6 (2).jpegのサムネール画像CFFフィリピン理事と訪問された先生方

また視察終了後には学校でフィリピンについて、CFFについての授業も実施しました。SGH特別クラスということもあってか、生徒さんたちは授業に興味を持ち、とても真剣に聞いてくれました。
7.JPGのサムネール画像

今月には再度授業を実施し、12月18日〜23日はプレ派遣として高校生3名フィリピンへ渡航予定、来年は10名をフィリピンへ派遣する予定です。

CFFフィエスタ2014 & 事業報告会を開催いたしました。

ニュース

2014年6月30日

6月14日(土)に年に1度のCFFの祭典「CFFフィエスタ2014」を開催いたしました。当日は120名ほどの方にご来場いただきました。みなさま、ありがとうございました。

また合わせて、CFFフィスタ開催前の午前中には支援者のみなさまを対象とした「事業報告会」を開催いたしました。こちらは新しい試みで、普段あまり表舞台には出て来ない支援者の方、これまでの18年の歴史の中でCFFを支えて来てくれた方々に足を運んでいただきました。ありがとうございました。

「事業報告会」では、フィリピン、マレーシアでの現地の活動報告に加えて、代表の安部、創始者である二子石から、支援者のみなさまにご挨拶と感謝をお伝えする機会をいただきました。今後も年に1度を目安にこうした会を開催していきたいと思っておりますので、今回お越しいただけなかったみなさまも、是非次回ご参加いただければ幸いです。

「CFFフィエスタ2014」では、学生メンバー×社会人メンバー×職員×理事会が実行委員会を組織し、これまでの18年のCFFの歴史の中で培われた"縦と横のつながり"というものをテーマとして開催いたしました。

当日はCFFチーム北海道とCFFチーム関西のメンバーに中心になってもらい、関東以外の会場でプログラムを実施いたしました。また、北海道と関西の2会場とはもちろん、マレーシアともインターネットで中継をつなぐことができました。

他にも事業報告にとどまらず
今年の春にワークキャンプに参加した新メンバー
すでに社会人になったメンバー
高校生メンバー
チャイルドケアサポーターとして長きに渡りCFFを支援いただいているサポーター
の4名でパネルディスカッションを実施するなどCFFの持つ"つながり"を意識し、それが発揮されたプログラムになったと感じています。

機材の操作などで戸惑うこともありドタバタしたところもありましたが、多くの方にご参加いただき、今年も無事CFFフィエスタを最後までやり遂げることができました。

来年度も6月にCFFフィエスタ開催予定ですので、みなさま是非お越し頂ければと思います。

14フィエスタ.jpg

CFFフィエスタ2014 & 事業報告会

【あと30日!】CFFがつくりたいもの。CFFマレーシア「子どもの家」建設 寄付キャンペーン

活動うごき

2011年5月19日

CFFマレーシア「子どもの家」第三棟を創ろう。

みんなで、少しずつ力を合わせて「家」を創りたい。

でも、実は、僕らが創りたいのは「家」ではない・・。

「2002年ごろ、
僕が初めてCFFに来たときは12歳だったけど、自分の未来に期待できなかった。でも、年を経るにつれ、僕にはみんなみたいな僕を助けてくれる人がいることがわかり、僕は僕の未来を確信できるようになった。そして、僕は今、そんな助けてくれるみんなのために、一生懸命がんばりたいと思ってるよ。僕の成功がみんなの成功で、僕の夢が叶えば日本のみんなも幸せになるから。今までは僕は与えられてきた。だから、学校を卒業して、仕事を得たら、今度は与えることをしていきたいな。」

・・CFFフィリピン「子どもの家」で育ったある青年の一言。


力を合わせることで、たくさんの子どもたちの夢が抱えられますように。

つながることで、たくさんの幸せが分かち合えますように。


CFFマレーシア「子どもの家」第三棟建設、寄付キャンペーン

スタートまであと【30日】。

------------------------------------------------
▼みんなのがんばれ!をチカラに。
 応援メッセージ・ムービー好評配信中!
 http://cffmouen.jimdo.com/cm/
------------------------------------------------
▼CFFマレーシア寄付キャンペーン
 「子どもの家」第三棟を創ろう。
  2011年6月19日~7月18日
------------------------------------------------

寄付キャンペーンチラシ表.jpg
寄付キャンペーンチラシ表.pdf


寄付キャンペーンチラシ裏.pdf


CFFマレーシア応援団 一同
NPO法人CFFジャパン 事務局長 渡辺正幸





CFF / Caring for the Future Foundation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      シェアとは「ともに生きる」こと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ