世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【ご報告とお願い】CFFフィリピン「子どもの家」第四棟建設中!!

ニュース

2012年12月11日

2001年に「子どもの家」が施設として運営を開始し、2006年の年末にはCFFフィリピン「子どもの家」第三棟(子どもたちの生活スペース)が完成しました。 そして、施設運営開始から11年。施設が始まった当時は幼かった子どもたちもすくすく成長し、いまでは15歳前後の子どもたちが増えてきました。

  子どもたちは成長しても、当然建物は大きくならないので、完成直後には十分な広さに見えた第三棟も少し窮屈に感じるようになって来ました。小さな子どもたちが走りまわり、その横で勉強する高校生たち...そんな状況がこれまで長く続いてきました。そうしたことを踏まえて、CFFは「子どもの家」第四棟を建 設することを決定しました。第四棟は女の子たちの生活棟になる予定で、下記の目的から建設を進めていきます。

1)子どもの発達・成長に合わせた養育環境を整える
  現在、「子どもの家」では最年長の子が17歳、最年少の子が5歳と、施設開所初期からいる子と最近入所した子どもの間で年齢差が広がっています。
 年齢や発達段階によってそのニーズは当然異なり、例えば年長の子どもたちは生活面、精神面での自立に加え、社会の中で自らの役割を責任持って果たすことなどが必要になります。
 その一方で入所したばかりの幼い子どもたちはシャワーを浴びること、食事をしっかりとることなど基本的な生活スキルを身に付けることが最優先となります。
 こうした課題は日常生活レベルから適切な養育をしていくことが重要ですが、現在は年長の子どもと幼い子どもがひとつの部屋に入り交り生活しているため、それをしていくことが困難になっているため、それを改善することを目的とします。

2)のびのびと育っていける生活環境を整える
  子どもたちの成長とともに少し窮屈になっていた子どもたちの生活スペース、新しい棟を建てることで、ひとりが使える生活スペースが広くなります。それにより子どもたちがのびのびと生活できるようになることを目的とします。
 またプライベートな空間(勉強をしたり、手紙を書いたり、趣味にいそしんだり)を少しでも用意できるようにします。
 
3)男女間での健全な生活環境を整える
  現在はひとつの建物に全ての子どもたちが生活しており、思春期の子どもたちも男女が同じ棟で生活しています。そうしたなか、男児が女児にいたずらをするという男女間の問題が少ながらず起こっていることも事実です。こうした問題が今後エスカレートすることを未然に防ぐために男女の生活棟を分けられるようにします。

4)より多くの子どもの受入れを見据えて
 現在は14名の子どもが「子どもの家」に生活していますが、子どもたちの成長も含めて考えると、今後より多くの子どもたちを受け入れたときにも、より適切な生活環境を子どもたちに用意できるようにします。
 
 ちなみに、この第四棟の建設地は第40回~42回および57回、58回フィリピン・ワークキャンプを通して日本人青年ボランティアを中心に現地のフィリピン人との協働により、土地の整備、台風から土地を守る周囲の石垣を築いてきました。
 建設作業は先月より着工を開始し、現在は下記のように土地の基盤工事が進んでいます。

 

4th building2_400.jpg4th building_400.jpg  
 また建設にあたって(財)地球市民財団様より90万円、さいたま国際協力基金様より50万円の助成金交付をいただき、アサヒワンビールクラブ様より10万円のご寄付をいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

 しかしながら、現在も建設費用が30万円ほど不足しています。そこで、みなさんの「子どもたちへの思い」をこれから子どもたちが生活する第四棟に込めさせていただき、多くの人の力添えをいただくことによって第四棟の完成に向かっていきたいと考えています。
 もしよろしければ子どもたちのより良い生活環境のため、ご寄付のご協力を下記の通りよろしくお願いいたします。
-----------------------------

    ■ご寄付額:任意。

    ■お振込先:下記の(1)か(2)か(3)で。

          ※お振込みのときは、CFF事務局info@cffjapan.orgにその旨をご一報ください。

          (1)インターネット(クレジットカード決済で)
http://mp.canpan.info/cff/products/detail.php?product_id=15770
にアクセスしてページの指示に従ってください。
※団体へのメッセージ・連絡に必ず「第四棟建設費」と入れてください。

(2)銀行(コンビニATMからでも):下記を入力して振込。
東京UFJ銀行 大塚支店 店番号:171
普通口座 口座番号:0075965
特定非営利活動法人 ケアリングフォ-ザフュ-チャ-ファンデ-ションジャパン
※名前の前に必ず「ダイヨントウ」と入れてください。

 (3)郵便局(ゆうちょ銀行):振替用紙に以下を記入して振込。
郵便振替 00510-1-2968 特定非営利活動法人CFF
※通信欄に必ず「第四棟建設費」と入れてください。
--------------------------------
なお集まった30万円で
 ●玄関、部屋のドアと窓の設置
 ●床のタイル張り
が可能になります。どうぞみなさまご協力よろしくお願いいたします。


   NPO法人CFFジャパン

   石井丈士


カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ