世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

CFFジムキョクブログ マンゴーの種

【応募受付中!】旅行費用補助制度

ニュース

2017年10月29日

応募受付中!!
「世界へ飛び出せ!かえるファンド」CFF海外ボランティア旅行費用補助制度!

経済面や家庭の状況等を要件とする奨学金を受給中の方に、10,000円のCFF海外ボランティアプログラム旅行費用補助金を支給いたします。

本制度は、海外に一歩踏み出すきっかけをより多くの人に提供したいという思いから開始いたしました。応募要件に該当する方は是非ご活用ください!

応募はこちら→https://goo.gl/39qqP1

【応募要件】
以下の1)2)をいずれも満たしつつ、上記の対象プログラムへの参加を希望すること。

1)本制度への応募時点で、大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校、高等学校(中等教育学校後期課程及び特別支援学校高等部を含む)、専修学校のいずれかに在学していること。
2)本制度への応募時点で、上記の学校に通うために、経済面等、家庭の状況を要件とする奨学金を受給中であることを書類により証明できること。

※ここでいう奨学金とは、日本学生支援機構(JASSO)などの奨学金事業団体、学校、地方自治体などによるもので、給付型でも貸与型でもかまいません。

【応募期間】
2017年10月〜各プログラム出発1週間前まで

【応募方法】
①「CFF海外ワークキャンプ/スタディツアー申込用紙」に必要事項を記入し、株式会社マイチケットに送付。(既に申し込みを済ませた方は直接2へ)

② 下記QRコードから「旅行費用補助応募フォーム」にアクセスし、応募を行う。
応募はこちら→https://goo.gl/39qqP1

③ 奨学金を受給中であることを証明する書類のコピー※を、CFFジャパン事務局まで送付する。郵送、FAX、メール(書類のスキャンデータもしくは写真)のいずれでもかまいません。※写真の場合は文字などが鮮明に写るようにご注意ください。

※「奨学金を受給中であることを証明する書類」とは?
 奨学金を給付・貸与している団体が発行する証明書が望ましいです。日本学生支援機構(JASSO)の場合、奨学生証や決定通知書などの写しをお送りください。書類に不備がある場合は再送付をお願いすることや、補助が不可となることがあります。
 応募者が、現在も経済的または家庭的な事情により奨学金を受給中であることが書類により確認できれば、旅行費用の補助を決定します。

本制度に関してわからないことなどありましたらCFF石井まで、気軽にお問い合せください。

CFFジャパン石井
03-5960−4602 info@cffjapa.org

本制度に関する詳細、本制度は下記からダウンロードできます。
CFF海外ボランティア旅行費用補助制度応募要項ダウンロード

*CFFマレーシアお祝いキャンペーン及びコンサート上映会のお知らせ*【※会場変更しました】

ニュース

2015年12月28日

===================================
*CFFマレーシアお祝いキャンペーン及びコンサート上映会"のお知らせ*
===================================

今年8月、CFFマレーシアはサバ州より児童福祉施設の運営認可を取得し、サバ州政府認可第一号の児童養護施設となりました。

続く11月には、「子どもの家」メインハウス建設費の一助として、チャリティコンサートを開催。
マレーシアの田舎で実際に起こっている社会問題をテーマとしたこのミュージカルに、「子どもの家」の子どもたちも全員出演!

「Where is Love?」と題し開催されたこのコンサートは、"子どもの尊厳と権利を守る施設となるために、ひとりひとりの子どもたちを愛し大切に育てる"というCFFマレーシアの決意が来場者の心に深く響いた、素晴らしい時間となりました。

これらCFFマレーシアの運営認可取得とチャリティコンサート開催を祝い、また、これからも子どもたちが育つためのより良い環境が整えられていくことを願って、CFFジャパンでは、本日より1ヶ月間限定の「CFFマレーシアお祝いキャンペーン」を実施いたします!

今回のキャンペーンでは、1,000円以上ご寄付を頂いた方に、CFFマレーシアチャリティコンサートのDVDを1枚プレゼントいたします。

マレーシアの子どもを取り巻く環境の一側面や、その現状に対するCFFマレーシアの決意をみなさまと分かち合い、子どもたちへの思いを共にして頂けば幸いです。

また、来年1月10日(日)の14時より、本コンサートの上映会を仙川キリスト教会にて開催することになりました!
実際にコンサートを観に行ったメンバーからの報告もございますので、こちらもぜひご参加くださいね。

下記詳細になります。
==============================
祝*運営認可取得&チャリティコンサート開催
ーCFFマレーシアお祝いキャンペーン及びコンサート上映会ー

==============================
【CFFマレーシアお祝いキャンペーン】
■期間:本日~2015年12月31日まで
■特典:1,000円以上のご寄付につき、CFFマレーシア主催
チャリティコンサート「Where is love?」のDVDを1枚プレゼント!
(12月下旬〜1月中旬頃発送予定)

■寄付方法
下記(a)~(d)の方法よりお選びください。

(a)クレジットカード決済 ※いますぐできます!
下記URLにアクセスし、お申込み手続きを進めてください
http://bit.ly/1Stduhq

(b)銀行(コンビニATMからでも)
三菱東京UFJ銀行 大塚支店 店番号:171
普通口座 口座番号:0093210
CFFマレーシア 代表 安部光彦
※ご寄付額からクレジット手数料等が引かれずに全額寄付できます。

(c)郵便局(ゆうちょ銀行):振替用紙に以下を記入して振込
郵便振替 00510-1-2968 特定非営利活動法人CFF
※「CFFマレーシアお祝い寄付」と通信欄にご記入ください
※ご寄付額からクレジット手数料等がひかれず全額寄付できます。

(d)CFF事務局にて手渡し

【チャリティコンサート上映会及び報告会】
■日時:2016年1月10日(日) 14:00〜16:00
■場所:仙川キリスト教会
京王線仙川駅より徒歩13分 (新宿から約20分、調布から10分)
〒181-0005 三鷹市中原 1-24-8
地図:http://www.sengawac.com/map1.html
■内容:
・チャリティ・コンサート「Where is Love?」の上映
・コンサート参加者からの報告
■参加費:500円 ご寄付も大歓迎です!
※開催にかかる費用を差し引いた参加費を、CFFマレーシアへ寄付させていただきます。

■参加申し込み
下記のURLよりお申し込みください。
http://goo.gl/forms/3bQW8hEH6l
■問い合わせ
CFF事務局 鈴木沙彩
info@cffjapan.org
03-5960-4602

ーーー
厳しい練習を乗り越え、頑張った子どもたちの姿やCFFマレーシアのスタッフ手作りの舞台のセット、CFFマレーシアの子どもたち・スタッフをはじめ、みんなで一丸となって創りあげたコンサートの様子を、ぜひみなさまにもご覧頂きたいと思います!

みなさまのご協力・ご参加、心よりお待ちしております。

CFF事務局一同

※募集は終了しました 職員募集のお知らせ(過去プログラム参加者の方限定)

ニュース

2015年11月 4日

※こちらの職員募集はCFFのプログラムに参加経験がある方のみを対象としております。それ以外の方のご応募及びご相談は受け付けておりませんので、ご了承ください。

この度CFFでは、ともに活動を創ってくれるスタッフ(常勤職員)を募集することになりました。

来年、設立20周年という節目を迎えるCFF。目指したい未来をともに描き、その実現に向けて、CFFのスタッフとして自ら団体や事業を担っていきたいという意欲をお持ちの方、ぜひご応募ください!


******CFF職員募集要項******

【応募資格】
以下の2つを満たすこと
・CFFプログラム(ワークキャンプ、スタディツアー等)参加経験者であること
・応募時点で社会人経験が2年以上あること

【採用形態】
常勤職員(期間の定めなし)

【採用予定日】
2016年4月1日
※ただしその前(2016年2月~3月)に、海外事業地等において研修扱いで勤務できることが望ましいです。
(研修手当あり、期間等含めて応相談)

【勤務地】
・CFFジャパン事務所(東京都豊島区、大塚駅徒歩5分)
・海外事業地(フィリピン、マレーシア、ミャンマー)

【勤務日】
月~金の10:00~18:00
※ただし夜間の会議等により遅くまでの勤務となることも多数あります。
※土日祝日、年末年始は休みですが、土日のイベント等もあります。(代休制度有)
※毎年2月~4月上旬、8月~9月は長期の海外出張があり、その間はとくに不規則な勤務になります。

【待遇】
給料:経験や能力に応じて決定
手当:通勤手当、家族手当・子ども手当
賞与(7月、12月)
社会保険完備
試用期間3ヶ月

【業務内容】
事務局業務、ディレクター業務

※業務内容の例
・海外プログラム(ワークキャンプ、スタディツアー)のディレクター
 →アシスタントディレクターを経て、入職後1年以内にディレクターを担えること
・プログラムリーダーやインターンのサポート・育成
・プログラム業務(学生とともに事業広報、マーケティング、参加者対応、危機管理)
・ファンドレイズ(情報発信、機関誌発行、会員・支援者サポート、助成金申請・報告)
・海外事業地との連絡調整
・総務全般(組織運営、経理、労務、IT)
・青年(学生等)の活動全般へのサポート

【求められる姿勢・必要となってくるスキル】
・CFFジャパンのミッション・ビジョンについて深く考え、
 その実現に向けて、自ら団体や事業を担っていく心構えであること
・青年(学生等)に寄り添い、ともに活動できること
・少人数の事務局なので、個人の担当業務だけではく、チームワーク良く多岐にわたる業務をカバーできること
・英語等によるフィリピンやマレーシア、ミャンマーにおけるコミュニケーション能力
・ITツールを活用した事務遂行能力
・社会人としての基礎的なコミュニケーション能力
・ワークキャンプ・スタディツアーに耐えうる体力・気力

【応募書類】
以下の書類をご提出ください。〆切:2015年11月30日(月)必着 メール可
1、履歴書(写真添付)
2、職務経歴書(書式自由、A4で1~2ページ以内)
職務経歴のほか、社会活動の経験があればご記入ください。
青年(若者)に関する活動、国際協力、社会福祉等の活動が当団体と関連が深いと思われますが、
分野は問いませんので、何らか社会課題の解決に向けた活動を主体的に実践されたご経験があれば、ぜひご記入ください。
3、課題レポート「CFFで働くことを通して成し遂げたいこと」
※社会課題について、CFFについて、自分自身について、など自由にお書きください。
(書式自由、A4で2ページ以内)

【選考~採用の流れ】
・一次選考(書類選考)を通過された方には、12月4日ごろまでにご連絡いたします。
それ以外の方には、後日書面で結果をお知らせします。
・一次選考を通過された方対象の二次選考(面接)の日程は、12月12日(土)を予定しています。

【書類送付先・お問い合わせ先】
NPO法人 CFFジャパン
住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7 ラインビル301
TEL:03-5960-4602 FAX: 03-5960-4614
E-mail:info@cffjapan.org
担当:高梨

【資料請求予約中!】2013年春ワークキャンプ/スタディツアー/ハッピーキャンプ

募集!

2012年9月13日

みなさま


2013年春プログラム(ワークキャンプ/スタディツアー/ハッピーキャンプ)
の資料請求予約を開始いたしました!

▼資料請求はこちらからできます。

http://www.cffjapan.org/request/

▼携帯の方はこちらから
http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24676185


※資料請求は無料です。

※資料発送の開始は11月初旬頃を予定しております。


なお、現在、以下のような日程を予定しております。

(現地の状況により、大きく変更する場合がございます。)

◎CFFフィリピン・ワークキャンプ 14日間

第82回フィリピン・ワークキャンプ(2月上旬から中旬)
第83回フィリピン・ワークキャンプ(2月下旬から3月上旬)
第84回フィリピン・ワークキャンプ(3月中旬から下旬)

◎CFFフィリピン・スタディツアー 9日間

第25回フィリピン・スタディツアー(3月上旬から中旬)

◎CFFフィリピン・ハッピーキャンプ 9日間

第9回フィリピン・ハッピーキャンプ(3月末から4月上旬)

◎CFFマレーシア・ワークキャンプ 12日間

第23回マレーシア・ワークキャンプ(2月上旬から中旬)
第24回マレーシア・ワークキャンプ(3月上旬から中旬)
第25回マレーシア・ワークキャンプ(3月下旬から4月上旬)

◎CFFマレーシア・スタディツアー 9日間

第10回マレーシア・スタディツアー(2月上旬から中旬)


質問などございましたら、
お気軽にCFF事務局までお問い合わせくださいね。

-------------

NPO法人CFFジャパン
info@cffjapan.org

03-5960-4602
http://www.cffjapan.org/

【募集】東松島市復興支援活動 報告会のご案内 ~伝えたい、知ってもらいたいことがある~(8/4)

募集!

2012年7月26日

みなさま

CFFが東松島市復興支援活動を始めてから1年3ヶ月以上が経ち
ました。
現在は、住民の方同士が知り合えるきっかけとなる場づくりや小学校・中学校の図書室整備といった活動をしています。
6月の活動の際には、宮城県のお味噌屋さん・高砂長寿味噌本舗の方々からお話を伺う貴重な機会がありました。高砂長寿味噌本舗さんは自らが被災された中、復興のためにいち早く会社の運営を再開し、被災された方々に寄り添いながら営業を続けています。
(*高砂長寿味噌本舗ホームページ:http://www.takasagomiso.jp/


目の前で津波を目の当たりにしたこと、四方八方から襲ってきたこと、決して自然災害を甘くみてはいけないこと...高砂さんは「こんな思い・経験はもう他の人にしてほしくない。」と、震災を通しての経験を私たちに涙ながらに語って下さいました。改めて今回の震災は他人事ではないのだと実感し、何かしていきたいと奮い立たされました。
話してくださったことをたくさんの人にぜひ知ってもらいたい、伝えたいという気持ちから東松島市復興支援チームのメンバーが報告会を計画しました。

今回の報告会では、活動報告に加え、その高砂さんにはるばるお越しいただき、地震や津波の経験談、今の想いや活動・お仕事などをお話いただきます。

今後、何が起こるかわからない。
いつ大きな地震が来るかわからない。
この先の未来、何が起こるかわからない。
けれど、今回の経験から学び、活かし、ともに未来を考えていくことで
きっと何かが変わっていく...。

だからこそ、みなさんに知ってもらいたい、伝えたいことがあります。

ご参加は、CFFメンバーに限らず、家族、友達などどなたでも大歓迎です!

当日は高砂さんからのお話や、CFF短期ボランティア活動についてを報告予定です。
また、参加メンバー同士で話し合うシェアリングの時間も予定しています

以下、詳細です。
-----------------------
第7回  CFF東松島市復興支援活動報告会
~伝えたい、知ってもらいたいことがある~
-----------------------

【日時】 2012年8月4日(土)13:20~16:30
【場所】 みらい館大明(小学校・廃校跡の施設)レクリエーションルーム102
     池袋西口より徒歩20分 (地図)http://www.toshima.ne.jp/~taimei/tizu.gif
【時間】 13:00~開場、受付開始U+2028  13:20~報告会開始
【費用】 600円(CFF会員・400円)
【参加資格】 関心がある方ならどなたでも。※要申込み。
【主催】 NPO法人CFFジャパン 東松島市復興支援活動チーム

【内容(予定)】
 予定: 13:00~開場・受付開始、13:20~開演
◎ 《CFF東松島市復興支援活動 短期ボランティアによる活動報告》
  CFFボランティアによる活動の報告。現状、東松島市の方々の声と共に、参加したメンバー
  がお伝えします!!
◎ 《㈱高砂長寿味噌本舗 営業統括部長 高砂和典さんより》
  CFF東松島市復興支援活動の関わりの中で出会ったお味噌屋さん
  その高砂さんにはるばるお越しいただき、地震や津波の経験談、今の想いや活動・お仕事などをお話いただきます。
◎ 《シェアリング》
  当日参加したメンバー同士でお話する機会を予定しています。

【お申し込み・お問い合わせ】
「東松島報告会申し込み/問い合わせ」と件名に入れた上で、
に以下のフォーマットに記入して、メールでお申し込みください。
≪送り先≫ cffjapan@hotmail.co.jp (受付担当:杉原由華)

①名前(過去にCFFプログラムに参加した方は参加回も)
②メールアドレス
③電話番号(当日の連絡のため)
④その他(遅刻早退のご連絡や、この報告会に期待すること、聞いてみたいことなど)

みなさまのご来場、心よりお待ちしています。

【ご協力おねがい】 CFFマレーシア「通学バス」購入・寄付キャンペーン実施中!(7/16まで)

募集!

2012年6月27日

朝5時半、目覚めの光
スタッフが作った朝ご飯を
おなかいっぱい食べて、家の掃除をしている子どもたち。

今日はどんな1日になるかな?
今日は学校で友だちと何を話そう?
今日は何の授業があったっけ?

あっ、もうこんな時間だ! 通学バスに乗らなくちゃ!

「行ってきます。」
「行ってらっしゃい。」

通学バスが、遠く長い道のりを繋いで、彼らの未来を運んでいきます。

新しい出会いや経験、勉強、そして生きる歓び。
僕らにとっては何気なく、かけがえのない毎日を彼らともシェアしていきたい。
"家族"として、共に育っていきたい。

「子どもの家」での新しい生活の中で、彼らはどんな未来をみるのだろう?

「ただいま。」
「おかえりなさい。」


CFFマレーシア応援団"Thank you"プロジェクト、
今回の寄付キャンペーンで集めるお金は、
子どもたちが安心して学校に通うための
「通学バス」の購入に充てられます。

学校に行く時、みんなで海にいく時、急病の時、教会で安らぐ時、
子どもたちが育つために、この「通学バス」が必要です。

「通学バス」は毎日遠い道のりを走ります。
子どもたちの、未来のために。



「この子が"育つ"家を築こう」
CFFマレーシア「子どもの家」通学バス購入・寄付キャンペーン

▼詳しくはこちらのサイトから。
 http://www.cffmo.com/


ご協力、よろしくおねがいします。


─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

【募集】CFF東松島市復興支援活動 報告会(5/27)

ニュース

2012年5月22日

みなさま

CFFは今年度も引き続き、宮城県東松島市にて復興支援活動を続けています。
1年以上が経った現在も、まだまだ必要とされていること・できることが
あるのではないかと感じています。

実際に行ってみないと現状についてなかなか知ることは難しいですが、
現地の状況などを少しでも伝えられればと思い、駐在職員の金須が宮城県から東京へ行きます!


被災地の現状が知りたい!

自分になにができるか悩んでいる。

みんなで一緒に考えませんか?


-------------------------------------------------------------------
◎CFF東松島市復興支援活動 報告会◎
--------------------------------------------------------------------
【日時】2012年5月27日(日)10:00~12:00
【場所】JICA地球ひろば セミナールーム403号室(地図)
【時間】9:45~受付開始
    10:00~報告会開始
【参加費】500円(CFF会員:300円)
【参加資格】活動に関心がある方ならどなたでも。※要申込み。
【主催】NPO法人CFFジャパン

【内容(予定)】
◎CFF東松島市復興支援活動報告
...2011年4月から東松島で活動してきたCFF。東松島のいまは?
◎対談~駐在員が見た被災地東松島~
...東松島に腰を据え活動した3人の駐在員が対談します!
◎被災地について考える(シェアリング)
...1年1ヶ月たちいまあなたが思うことはなんですか?

【お申し込み・お問い合わせ】
「東松島報告会申し込み/問い合わせ」と件名に入れた上で、
info@cffjapan.org 事務局(受付担当:鈴木)
に以下のフォーマットに記入してメールでお申し込みください。

①名前(参加回)
②メールアドレス
③電話番号(当日の連絡のため)
④その他(遅刻早退のご連絡や、この報告会に期待すること、聞いてみたいことなど)


東京でみなさまににおいできることを楽しみにしています!
お気軽に問い合わせ、ご参加くださいね!


NPO法人CFFジャパン
東松島復興支援活動
駐在職員 金須 健

-------------------------------------------------------

▼(参考) CFF東松島市復興支援活動ブログ
 http://cff-hisaichisien.cocolog-nifty.com/

─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/

【募集】 CFF被災地支援活動: 短期ボランティア、最終募集(7/29〜7/31)。

募集!

2011年7月20日


NPO法人CFFジャパンでは、4月下旬より、東松島市への「被災地支援活動ボランティア」の募集、派遣を行ってきました。
CFFのプログラム経験者に限っての募集でしたが、これまで14回実施、延べ60人が被災地に関わってきました。
そうした中、東松島市災害ボランティアセンターは、残る役割を関係部署に委ね、縮小していく方針とのことです。

それに合わせてCFFの、東松島市災害ボランティアセンターへのボランティア派遣も、今回15陣が最後となります。
そして、宿泊施設の都合上、10人限定! あらためて募集いたします。
応募は7月24日(日)締め切りです。
 
---------------------------------
 ★実施日程
----------------------------------
 第15陣  7月29日(金)~7月31日(日) 3日間
 
※注意※
・諸事情により、CFFのプログラム経験者に限ります。
・被災地、ボランティアセンターの状況によって、直前にプログラム内容の変更、中止の可能性もあります。ご了承ください。
・応募者が3人に達しない場合も、中止とさせてもらいます。
 
----------------------------------
 ★活動内容
 ---------------------------------
( 1)主に災害ボランティアセンターの実施するお宅の片づけ(床下泥かき、仮設住宅への引越し作業など)
 ※ただ、7月~8月辺りでVCでのボランティア募集を打ち切る、という議論が社協や市でされています。突然そのような決定がされ、(1)の作業ができなくなる可能性もあるので、ご了承ください。
 
(2)避難所などでのお年寄りや子どもたちとのアクティビティ
 ※具体的に子どもたちやお年寄りとこんなことできます。というのも募集中!
  例えば...おやつ作り、ものづくり、紙芝居、楽器を使って歌や踊りのワークショップ
       演劇ワークショップ、手品、足湯、マッサージ、体操、お茶、お花などなど
 ※ですが、現在避難所は仮設住宅への移転から縮小段階にあるので「活動したい」という 思いに応えられないかもしれないのでご了承ください。

(3)夜のシェアリング
 
----------------------------------
★集合・解散
----------------------------------
 ・8:10「東松島市図書館」集合
  *仙台からの所要時間:約1時間半
・「東松島市災害ボランティアセンター」解散。(時間は要相談)
 
-----------------------------------
★宿泊
-----------------------------------
 湯の原温泉 霊泉亭 
*1泊:1000円
 (「ボランティアで来てくれるなら、なんとか空けるよー」という宿の人のはからいです!日本三景松島近くの宿では、破格。)
*VCまでの交通費
 宿から「松島海岸」駅のタクシー代:1台約600円(相乗りすればもちろん安くなります。)
 「松島海岸」駅から「矢本」駅のバス:320円(片道)
   
※直前に、宿泊先が変わる場合もありますので、ご了承ください。
 テント泊、グランティの可能性もあります。
----------------------------------
 ★参加申し込み方法
 ----------------------------------
 宛先: info@cffjapan.org
 件名に「第●陣参加希望」、
 本文に
 1、本名:ニックネーム(参加回)
 2、携帯アドレス
 3、パソコンアドレス
 4、携帯番号
 5、スカイプネーム
 *出発3日前の22時半~から引き継ぎミーティングを開催
 前陣と次陣と被災地支援活動ボランティアコーディネーターで
 事前・事後ミーティングをスカイプで実施します。
 スカイプをしたことない人はこれを機にダウンロードしよう!
 
*スカイプミーティングに参加しないと参加できない
 わけではありません。が貴重な情報がきっと盛りだくさん
----------------------------------
 ★応募締め切り
 ----------------------------------
    7月24日(日)


NPO法人CFFジャパン
東日本大震災・被災地支援活動担当:長友ゆき

 
─────────────────────────
NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
─────────────────────────

【募集】CFFよりみち大学「リーダーシップトレーニング」(12/28)

募集!

2010年12月24日


前回18日の「わたしとあなたを観る」講座のポイントは、
 ●他者と関わる自分の"感情"をどう扱うか?
  感情が自分をコントロールするのでなく、自分が感情をコントロールする方法。
 ●自分の"自信・自尊心"をどう手に入れるか?
  他人の基準でなく、自分の基準で生きる方法。
 
 そういうスキル/方法を、その場で学びを終わらせるのでなく、「習慣」化すること
を目指しました。
 おもしろかった!!僕は「新たな世界」で生きるための手がかりを一つもらいました。

 次回28日は、「状況を観る」講座。
 次はどんな発見があるんだろう。楽しみです。 

 ★前回参加してなくても参加できます。(前回のことも知れるかも。)
 ★リーダーシップトレーニングだけど、リーダーに興味がなくても参加できます。
 
お申込みは、 info@cffjapan.org (渡辺)まで。お気軽に~。

____________________________
『リーダーシップトーレニング(状況を観る)』講座 2/2
□ と き:2010年12月28日(火)14:00~17:00 ※13:45集合
□ところ:オリンピックセンター  406号室
■きっかけ先生:高橋 実華さん(国際NGO・SOLS24/7日本支部)
□参加対象:学ぶ意欲がある人なら誰でも。(リーダーに関係なくてもOK)
□参加費:600円(会員は300円)
□申込定員:20人くらいまで
◯お申し込み: info@cffjapan.org まで。
____________________________





-------------------------------------
自分自身の捉え方、他者との関わり方、人生を大きく転換するかもしれない「習慣」
を学びたい人!!
先週土曜のCFFよりみち大学 『プレゼンテーション講座』に続き、次の18日、28日
(予定)も、リーダーシップトレーニングと位置づけて、開催します!

まず18日は、自分と他人、その関わりについて。
自分を他人とどうしても比較してしまう・・、
他人からの目が気になって自分に自信がない・・、
苦手な人との関わり方、どうしたらいいかわからない・・。。

28日(予定)は、困難な状況をいかに転じていくかについて。

リーダーであろうとなかろうと、リーダーに興味があってもなくても、
自分が人生を生きてくうえで、知っておくべき考え方/スキルを学びます。

講座の目的は、ズバリ、「習慣化」すること!
自分自身の捉え方、他者との関わり方、人生を大きく転換する「習慣」になるかもし
れません。少なくとも、"きっかけ先生"の二人はそうであるみたいです!
それって何!? 楽しみだ!!

お申込みは、 info@cffjapan.org (渡辺)まで。お気軽に~。

________________________
『リーダーシップトレーニング(わたしとあなたを観る)』講座 1/2
□と き:2010年12月18日(土)18:30~21:30
□ところ:JICA地球ひろば 
■きっかけ先生:江原 誠さん(国際NGO・SOLS24/7日本支部)
□参加対象:学ぶ意欲がある人なら誰でも。(リーダーに関係なくてもOK)
□参加費:600円(会員は300円)
□申込定員:20人くらいまで
◯お申し込み: info@cffjapan.org まで。
________________________


◆国際NGO・SOLS 24/7とは・・
SOLS 24/7は、次世代を担う青年を対象とし、以下の2つのVISIONを持って活動してい
ます。
(1)様々な理由で教育機会に恵まれない貧困層の青年を対象に、青年自身が自立して生きていくために必要な実践的な知識、技術等を提供すること
(2)世界各国の青年を対象にリーダーシップトレーニングを行い、青年自らが団体を立ち上げる等、帰属している社会に貢献する人材を育成すること
 http://www.sols247.org/cms/background-vision/


■NEXT...COMING UP!!
________________________
『リーダーシップトーレニング(状況を観る)』講座 2/2
□ と き:2010年12月28日(火)
■きっかけ先生:高橋 実華さん(国際NGO・SOLS24/7日本支部)
◯お申し込み:info@cffjapan.org まで。
________________________



________

【募集】CFF奨学金ツアー報告会「教育を受けられることの大切さ。」(12/5)

募集!

2010年11月 5日

***************************
   パンガラツアー報告会
     「教育を受けられることの大切さ。」
***************************
 
日時:12月5日(日)9時から13時 ※変更になりました→13時〜17時
場所:JICA地球ひろばセミナールーム403 ※変更になりました→503号室
受付時間:13時
内容:
   ・スカラー紹介(ダド・ベン・ノリリン)
   ・ツアー報告
   ・シェア
会費:300円(非会員600円)
報告者:しんぺー(59,64L)、どう(M7、64)、がわ(64)
    ペコ(47、M0)、あき(ST18,19L)、たけし(ST19,20L)
           ラブメガ早苗(たくさん)
****************************
 
CFFパンガラニティ奨学金チームのとうです。
今年9月、フィリピンへパンガラニティスカラーたちに会ってきました。
新しくスカラーになったベンとノリリンはとてもCUTEな女の子たちで、
CFFフィリピンのボランティア活動にも貢献的に力を注ぎ、
大学の制服で身を包む彼女たちはとても誇らしげでした。
またダドは今年で20歳を迎え、彼の誇らしげな姿や彼の発する一言一言が、
私たち参加者にとても大きな刺激や気づきを与えてくれました。
参加者一人一人にとっても、スカラーたちにとっても有意義なパンガラツアーになりました。
「顔の見えるつながり」目指しているからこそ、現地の様子を伝えたい、
いつも支えてくださっている寄付者のかた、応援してくれている支援者の方、
パンガラニティメンバーに報告することが私たち参加者の使命でもあります。
ご都合お合わせのうえ、ご参加下さい。
 
 
お申込先、お問い合わせ先は
とうさなえ sanasana15@hotmail.com まで。

CFFパンガラニティ奨学金チームのブログ
http://pangarangiti.at.webry.info/

 

カテゴリー

以前の記事

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

ページトップヘ