世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

海外ボランティアとは。飛び出そう!海外ボランティア!のメイン画像。

海外ボランティアで3つの体験!

1.あなたの小さな力が、世界の誰かの力になる

CFFの海外ボランティアプログラムでは、虐待や貧困が原因で親と一緒に生活できない子どもたちのための施設「子どもの家」の建設や修善・修復に携わる作業や、村落コミュニティでの道作りなど村の発展に関わる作業をボランティアワークとして主に実施します。

飛び出そう!海外ボランティア!の写真

シャベルを使って、セメントをこねたり、土を掘ったり…誰でもできる単純作業が基本です。女の子でも元気に作業しています!ひとりひとりの力は小さいですが、その積み重ねにより「子どもの家」が建設され、いま子どもたちが元気に生活する姿がそこにはあります。
他にも子どもたちとスポーツや音楽、日本文化を教えることを通して、子どもたちと交流する

ことなども活動のひとつです。温かな交流や豊かな経験を通して、子どもたちが将来の夢や、心の支えになる存在と出会う。そんな小さな積み重の中から、子どもたちの将来は築かれていきます。小さくてもあなたの力が確かに誰かのためになる、それが海外ボランティアです。

飛び出そう!海外ボランティア!の写真飛び出そう!海外ボランティア!の写真

2.現地の人たちと家族のような関係を


CFFの海外ボランティプログラムでは、現地の青年たちもボランティアとしてプログラムに参加し、朝から晩まで共に過ごします。一緒にボランティアワークをして汗を流したり、夜には他愛もない会話で笑い合う時間があったり、自分の将来の夢などについて深い話になって遅くまで語りあうことも。言葉や文化の違い、国境を超えて、家族のように大切な存在があなたにもできるはずです。また、フィリピン/マレーシアで生まれ育った新しい仲間は、いままであなたが持っていたものとは違う考えと違う価値観を持っているからこそ、たくさんの刺激を与えてくれるはずです。

飛び出そう!海外ボランティア!の写真飛び出そう!海外ボランティア!の写真

3. 厳しい世界の現実と向き合う

フィリピンのゴミ処理場や、マレーシアの不法移民集落など、海外ボランティアで訪れる国には、日本では考えられないような想像を絶する厳しい現実があります。そしてそんな現実の中、いまこの瞬間も子ども達は生きています。 ですが、スラムなどの貧困地域、先住民族の村などに生きる人たちは決して、自身が生きる環境に悲壮感を抱いているだけではありません。モノがなくても笑顔と家族を大切にし、「生活は辛いけど、幸せだよ」と語る彼らと、モノに溢れていてもどこか満たされない思いを持つ私たち。本当の幸せとは?豊かさとは?なんなのでしょうか。そんな現実と向き合ったとき、あなたはの心は何を感じると思いますか。

飛び出そう!海外ボランティア!の写真飛び出そう!海外ボランティア!の写真

あなたの人生を変えてしまうほどの体験が待っている!

ここに紹介したのは海外ボランティアのほんの一部です。そして当然ながら現地に一歩踏み出さなければ、その経験を1つとして得ることができません。これまでボランティアには縁がなくても、海外初心者の人でも、ちょっとした決断とともに参加すれば、あなたが手にしたことのない経験が待っています。必要なのは少しの勇気と決断。さぁ、世界へ飛び出そう!

飛び出そう!海外ボランティア!の写真飛び出そう!海外ボランティア!の写真

CFFのワークキャンプ・スタディツアーに興味を持った方は下記からぜひ資料を請求してくださいね。

資料請求フォーム

資料をお送りします(無料)。間違えのないように確かな情報をご記入ください。
万一、2週間たっても資料が届かない場合、お手数ですが、CFF事務局にご連絡ください。

CFF海外ボランティア・プログラム参加者募集中!!

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚 3-45-7 ラインビル301

ページトップヘ